Featured Article

☆Event:2018年4月28日土曜日午後4時集合~夜9時まで:”焼肉会議”「焼肉食べて元気に、子どものための作戦会議」子どもに会いたい方・子どもに会ってほしい方@TEX三郷中央駅からすぐ

By | 4月 20, 2018
 

☆Event情報:

”焼肉会議”「焼肉食べて元気に、子どものための作戦会議」

日時:2018年4月28日土曜日午後4時集合~夜9時まで
場所:つくばエクスプレス三郷中央駅からすぐの自宅にて

参加者:配偶者による子の連れ去り引き離しにあい、子どもに自由に会えない方。配偶者が子どもに会ってくれない方。子どもたち。

一緒にお肉を焼き、食事をしながら、語り合いましょう。

また最近の日本での共同親権運動・面会交流のニュースや状況を共有しましょう。

ご希望の方は、前日27日までに下記へご連絡をください。
場所の広さと食材調達の関係で、ご予約制にご協力くださいませ。
集合場所や詳細は、ご予約時にお伝え致します。
費用は、食事代2000円~3000円を予定しています(割り勘します)。

飲み物について、お酒はご自身でお飲みになる分を近くのスーパーで購入ください。ソフトドリンクは、食事代に含みます。

主催:たけうちこうじ Family Bond re-Union. Powerd by kネット
TEL: 050-3595-2800
Twitter: @fambons
LINE: kouzies

Featured Article

Event: 2018年5月5日(土) 13:30-映画「The Red Pill」日本初!真の公平な社会へ!無料!共同親権運動へご参加下さい

By | 3月 22, 2018
 

映画「The Red Pill」 上映決定!!

共同親権が当たり前になる社会を実現するため、

日本社会が乗り越えねばならない壁が、

男女の性的分業をめぐる差別感情です。

「男性(父親)だから」「女性(母親)だから」という

無意識の偏見を取り除かない限り、

子どもが両親の愛情に身を委ねられる社会は成しえません。

kネットは、この問題を提起するため、

米国の話題作「The Red Pill」を国内上映します。

一部の極端なフェミニズムに対し、

男も女も疑問の声を上げはじめた米国の現状を知り、

本当の男女平等とは何かをみんなで考えましょう。

―映画 The Red Pill―

フェミニスト(女性の権利を主張する立場)の

女性監督キャシー・ジェイが2016年に製作したドキュメンタリー映画。

キャシー自身がマスキュリスト(男性の権利を主張する立場)達

にインタビューしながら、

「女性が弱い、不利な立場にある」という

自らの信念に疑問を持ちはじめます。

男性たちもまた、社会の中で犠牲を払い、

不利益を被っているのではないかと気づきはじめたのです。

■上映スケジュール■

第1回

日時: 2018年5月5日(土) 13:30上演

会場: 立川アイムホール

東京都立川市曙町2-36-2

JR立川駅北口から徒歩7分

第2回 *協賛 日本家族再生センター

日時: 2018年6月17日(日) 13:30上演

会場: 京都府立大学・稲森記念会館

京都市左京区下鴨半木町1-5

地下鉄烏丸線北山駅1番出口徒歩5分

第3回

日時: 2018年7月21日(土) 13:30上演(予定)

会場: 全労連会館ホール

東京都文京区湯島2-4-4

JR御茶ノ水駅御茶ノ水橋口徒歩8分

各回とも入場無料。会場でお会いしましょう!

共同親権運動ネットワーク(kネット)

「THE RED PILL」日本上映委員会

■e-mail:contact@kyodosinken.com

■ホームページ: http://kyodosinken.com

子どものことを一番に考えた離婚——我が子の笑顔を絶やさないためにできること | ダ・ヴィンチニュース

By | 4月 25, 2018
 

ダ・ヴィンチニュースで『弁護士が語る我が子の笑顔を守る離婚マニュアル ~円満離婚のススメ~』(白井可菜子,武内優宏/啓文社書房)のあらすじ・レビュー・感想・発売日・ランキングなど最新情報をチェック!子ども,子育て,育児,離婚
— 読み進める ddnavi.com/review/453501/a/

金銭感覚の違いで離婚する前にできる2つのこと | ライフハッカー[日本版]

By | 4月 20, 2018
 

米Lifehackerに、こんな質問がありました。お金の使い方についてパートナーと合意をとりたいときに、おすすめの方法はありませんか? 私たちは、お金に関してまったく違う考えを持つ家庭で育ちました。私は両親から、できるだけお金を貯め、自分が
— 読み進める www.lifehacker.jp/2018/04/how-to-set-money-goals-with-your-spouse165084.html

「イヤイヤ期」子育て中の親が抱える葛藤――変容する社会の間で – Yahoo!ニュース

By | 4月 19, 2018
 

2、3歳になると、子どもは「あれもイヤ、これもイヤ」という態度を取るようになる。そんな「イヤイヤ期」を迎えた親子の姿を通じて、現代の子育て事情を考察する。
— 読み進める news.yahoo.co.jp/feature/942

レッドピル掲載記事☆海外で上映が一部禁止!? 男性の権利についての映画『The Red Pill』、日本上映の立役者にインタビュー | 四角い世界を丸くする

By | 4月 19, 2018
 

海外ではフェミニストに一部上映中止に追い込まれたドキュメンタリー映画『The Red Pill』日本上映の立役者に話を伺った。フェミニストである女性監督が男性論者と対話をする内に男性差別の存在を認め、困惑と克服を経験するという。

情報源: 海外で上映が一部禁止!? 男性の権利についての映画『The Red Pill』、日本上映の立役者にインタビュー | 四角い世界を丸くする

海外で上映が一部禁止!? 男性の権利についての映画『The Red Pill』、日本上映の立役者にインタビュー

片親貧困について:シングル父45歳、非正規ゆえの壮絶3人子育て 月収17万円、「子供に我慢ばかりさせてきた」

By | 4月 19, 2018
 

「福祉の仕事の給与水準が共働き前提で、夫婦のどちらかが働けなくなると食べていけなくなるほど低いことや、生活保護が唯一最後のセーフティネットであることが問題なんだと思います。貧しかったり、夫婦のどちらかに障害があったりする場合は子どもを産まなければ、問題は解決するのか。そんなことはないですよね」

情報源: シングル父45歳、非正規ゆえの壮絶3人子育て 月収17万円、「子供に我慢ばかりさせてきた」

日本人妻の子供連れ去り問題、イタリア人父親も訴訟|イタリアメディアが報じる | クーリエ・ジャポン

By | 4月 15, 2018
 

日本人妻による「国際的な子の奪取」に直面し、訴訟を起こしている外国人の夫たちがいる。そのうちのあるイタリア人の父親の場合を、イタリアメディア「リンキエスタ」が取り上げた──。日本人の妻と結婚し離婚したあと、子供と面会する権利があるのに、会うことを許されずにいる、日本在住イタリア人の父親たちがいる。日本で離婚時の片親に…
— 読み進める courrier.jp/news/archives/118486/

朝倉幹晴公式サイト » 2018年4月13日(兵庫県明石市2日目)」「全小学校区での子ども食堂設立」「離婚後の子どもの養育支援」施策視察速報

By | 4月 14, 2018
 

朝倉幹晴公式サイト » 2018年4月13日(兵庫県明石市2日目)」「全小学校区での子ども食堂設立」「離婚後の子どもの養育支援」施策視察速報
— 読み進める asakura.chiba.jp/archives/5014

Pray:昨日子どもと一緒に家を出た奥さんと、近くでバッタリ出くわしたそうで、今日お昼に2人で話しをするそうです。約半年間、離婚悪徳弁護士たちの教唆を受けた奥さんと、しっかりと話ができて、二人の関係と子どもの養育について解決できたらいいと心から祈っています。

By | 4月 13, 2018
 

-for all children

人生の役に立つ言葉:あなたの苦難は特別なものではない | ライフハッカー[日本版]

By | 4月 12, 2018
 

米Lifehackerが人生の役に立つ言葉を紹介するシリーズ「Mid-Week Meditations」へようこそ。ストイック派の知恵を探求しそれを使って自らを省みて、人生を好転させましょう。今週紹介するのは、ローマ帝国の哲学者セネカのOn
— 読み進める www.lifehacker.jp/2018/04/youre-supposed-to-struggle.html

Lawmaker: U.S. needs to pressure Japan to comply with international child abduction laws

By | 4月 12, 2018
 

Japan remains a haven for parental child abductions and a U.S. lawmaker Wednesday\u00a0urged the Trump administration to do more to pressure the country to fulfill its obligations under international law.
— 読み進める www.usatoday.com/story/news/2018/04/11/lawmaker-u-s-needs-pressure-japan-comply-international-child-abduction-laws/508880002/

日本のハーグ条約履行に不備も=子供連れ去りで米国務省(時事通信)- Yahoo!ニュース

By | 4月 12, 2018
 

日本のハーグ条約履行に不備も=子供連れ去りで米国務省
4/12(木) 14:32配信
11

【ワシントン時事】米国務省は11日、国際結婚破綻時の子供連れ去りに関する「ハーグ条約」加盟後の日本の取り組みについて、一定の前進は見られるものの、依然として「条約履行上の深刻な不備がある」という認識を示した。

下院外交委員会人権小委員会の公聴会で、同省のローレンス特別顧問が表明した。

ローレンス氏は公聴会に寄せた書面で、日本のハーグ条約加盟から3年間に報告された子供連れ去り事案が、加盟前3年間と比べ46%減少したと説明。連れ去りに関する啓発活動が進んだほか、問題発生後の解決でも「著しい改善が見られた」と評価した。

一方で、子供を日本へ連れ帰った親が返還命令を拒否した場合、「日本当局が命令を執行する手段は極めて限られている」とも指摘。「(そうした事態は)受け入れられないし、日本に条約上の義務不履行のパターンがあることを深く懸念する」と表明した。

最終更新: 4/12(木) 14:32
時事通信
— 読み進める headlines.yahoo.co.jp/hl

民法820条改正

By | 4月 12, 2018
 

www.moj.go.jp/MINJI/minji07_00116.html

民法等の一部を改正する法律は,児童虐待の防止等を図り,児童の権利利益を擁護する観点から,民法,児童福祉法その他の法律を改正したものです。

民法の改正の概要

1 第820条において,親権者は子の利益のために監護教育をすべきことを明示する一方で,不適当な親権行使等により子の利益を害するような場合には,親権が制限され得ることを親権喪失等の原因として明示することによって,親権が子の利益のために行使されるべきものであるという理念を確認しています。

2 必要に応じて適切に親権を制限することができるようにするために,(1)2年以内の期間に限って親権を行うことができないようにする親権停止制度を創設したほか,(2)子の親族及び検察官のほか,子,未成年後見人及び未成年後見監督人も,家庭裁判所に対し,親権喪失等の審判の請求をすることができるようにしています。

3 父又は母の親権が制限された結果,親権を行う者がいなくなり,未成年後見が開始した場合等において,子の安定的な監護を図るために,複数又は法人の未成年後見人を選任することを可能にしています。

4 第766条の離婚後の子の監護に関する事項として面会及びその他の交流並びに監護費用(養育費)の分担を明示するとともに,これらを定めるに当たっては子の利益を最も優先して考慮すべきことを明記するなどの改正をしています

LOG:別居後初めて、元奥さんの引っ越した家の前まで行った。彼女が風邪をひいて熱があるので、代わりに幼稚園に送りに行くことになったのだ。彼女にレモンを4つ袋に入れて渡した。レモネードでも作って欲しいと。ありがとうと受け取ってくれた。息子はママのほっぺにキスをしていた。「風邪が移っちゃうよ。行ってきます」と言って、息子と私で手を振った。

By | 4月 12, 2018
 

-for all children

男性の5人に1人がDVを経験。内閣府の調査でわかった6つのこと(BuzzFeed Japan)- Yahoo!ニュース

By | 4月 12, 2018
 

男性の5人に1人がDVを経験。内閣府の調査でわかった6つのこと
4/11(水) 17:29配信
353

内閣府男女共同参画局「平成29年度男女間における暴力に関する調査」を元に作成
内閣府は3月下旬、性暴力や配偶者・交際相手によるドメスティックバイオレンス(DV)の現状について調べた「男女間における暴力に関する調査」の結果を公表した。BuzzFeed Newsは主に性暴力と配偶者間のDV、こうした暴力の影響に着目し、調査から明らかになった6つのポイントをまとめた。【BuzzFeed Japan / 伊吹早織】

【画像】6人に1人が中学で「下着の色」を決められていた。“ブラック校則“実態調査でわかった9つのこと

1. 女性の7.8%、男性の1.5%が無理やり性交などをされたことがある。

内閣府男女共同参画局「平成29年度男女間における暴力に関する調査」を元に作成
調査は1999年に始まり、3年ごとに実施。今回は2017年12月、全国の20歳以上の男女5000人を対象に調査し、女性1807人、男性1569人から回答を得た。

「あなたはこれまでに、相手の性別を問わず、無理やり(暴力や脅迫を用いられたものに限りません)に性交等(性交、肛門性交または口腔性交)されたことがありますか?」という問いに、「ある」と答えた人は、女性の7.8%、男性の1.5%だった。

2014年度の調査でも、無理やり性交された経験について調べているが、当時は調査対象が女性のみで、加害者は異性、性交は「膣性交」に限定されていた。

だが今回の調査では、2017年6月の刑法改正で、強姦罪・準強姦罪の名称が強制性交等罪・準強制性交等罪に変更され、被害者の性別も女性に限らず、性交の定義も広げられたことを受け、調査項目も変更された。

2. 被害を相談しなかった理由で、最も多いのは「恥ずかしくて誰にも言えなかったから」

内閣府男女共同参画局「平成29年度男女間における暴力に関する調査」を元に作成
無理やり性交などされたことがあった164人のうち、56.1%(92人)は、被害について誰にも打ち明けたり、相談したりしたことがないと答えた。

相談しなかった理由は多い順に、「恥ずかしくて誰にも言えなかった」(52.2%)、「自分さえ我慢すれば、なんとかこのままやっていけると思った」(28.3%)、「そのことについて思い出したくなかった」(22.8%)だった。

男性被害者のみに注目すると、「どこ(誰)に相談して良いのかわからなかったから」(44.4%)が一番多かった。

3. 被害者の7割が「被害によって生活が変わった」と感じている

内閣府男女共同参画局「平成29年度男女間における暴力に関する調査」を元に作成
無理やり性交などされた経験がある人の7割が、被害によって生活が変わったと答えている。

具体的には、「加害者や被害時の状況を思い出させるようなことがきっかけで、被害を受けた時の感覚がよみがえる」(21.3%)、「異性と会うのが怖くなった」(17.7%)、「夜、眠れなくなった」(16.5%)などの変化を感じている。

読み進める headlines.yahoo.co.jp/hl

Log:明日は、息子のダンスレッスンの付き添いの日で、休日。また幼稚園の新年長さんとしての初日。幼稚園に迎えに行くよと連絡すると、ママは熱を出して風邪で寝込んでいるという。何か買って持っていくよというと、大丈夫とのこと。明日は朝から息子を幼稚園に送り、どこかで時間をつぶし、その後迎えに行く。どんどんパパを頼ってくださいね。

By | 4月 11, 2018
 

-for all children

子どもがいじめにあっていたら法的措置という手も 人権相談や警察を利用 – ライブドアニュース

By | 4月 10, 2018
 

子どもにいじめ被害を告白されたら、無理に学校へ行かせなくていいという。具体的な内容や理由が分かったら、法務省の人権相談や警察を利用。解決は外部機関に委ね、心のケアをかねて転校も視野に入れるといいそう
— 読み進める news.livedoor.com/lite/article_detail/14434607/

共同親権導入への見解ただす 民進党の真山勇一氏(カナロコ by 神奈川新聞)- Yahoo!ニュース

By | 4月 8, 2018
 

共同親権導入への見解ただす 民進党の真山勇一氏
4/6(金) 22:19配信
16

民進党の真山勇一氏(参院神奈川選挙区)が5日の参院法務委員会で、「離婚が増えるに従い、親子の交流の問題も増えている」と指摘。離婚後に別居する親が子どもと継続的に交流する「面会交流」の推進や、共同親権導入に対する上川陽子法相の見解をただした。

法相は「現状で面会交流を強制させることはできないが、離婚時に双方でしっかり話し合ってもらい、子の利益を優先することが大事だ」と答弁。共同親権導入については「一般論として、適切な形で養育に関わることは子の利益の観点から重要だ」と述べるにとどめた。
— 読み進める headlines.yahoo.co.jp/hl

「EU加盟26カ国大使書簡に関する声明文」 » 親子の面会交流を実現する全国ネットワーク – 親子ネット

By | 4月 6, 2018
 

「EU加盟26カ国大使書簡に関する声明文」 | 親子の面会交流を実現するネットワーク『親子ネット』。私達は、別居・離婚後も親子が自然に会える社会の実現を目指して活動しています。離婚後も親子の絆を保つために、「実現しよう! 100日面会・共同養育」。
— 読み進める oyakonet.org/topics/「eu加盟26カ国大使書簡に関する声明文」.html

子どものケガは「4つの心得」で冷静に対処しよう | ライフハッカー[日本版]

By | 4月 6, 2018
 

子どもってしょっちゅう転んでケガをしますよね。ハイハイしていた子がやっと立ち上がるようになり、何度も転びながらヨチヨチ歩きをしているうちに、手足の使い方がわかってきて、最後は走れるようになる。それが子どもというものです。身体にかかる重力と上
— 読み進める www.lifehacker.jp/2018/04/how-to-not-freak-out-when-your-kid-gets-hurt.html

ここでも少子化加速:【悲報】奨学金のせいで「結婚・出産・子育て」を諦める若者が急増しているという事実・・・どうしてこうなった : ライフハックちゃんねる弐式

By | 4月 5, 2018
 

【悲報】奨学金のせいで「結婚・出産・子育て」を諦める若者が急増しているという事実・・・どうしてこうなった : ライフハックちゃんねる弐式
— 読み進める lifehack2ch.livedoor.biz/archives/51681107.html

Log:春休み2回目の宿泊親子タイム。朝、息子を起こして、別居親の弁護士相談に同行した。詳しくない弁護士さんにやる気を出してもらいたい。20代後半の男性弁護士は、偉そうな感じではなくてフランクな方だった。若い弁護士さんは、子どものための共同養育ができるようクリーンなイメージで売り出してほしい。

By | 4月 5, 2018
 

-for all children

Log: 幼稚園の年初説明会に出席した。その引き継ぎで、ママと息子と3人でモスバーガーで昼食。半年ぶりに3人で食事をして、息子は笑顔だった。連れ去ることをせず、適切な子どものための離婚後のガイダンスがあったとしたら、お互いのワダカマリはもっと少なかったに違いない。連れ去り毒を盛られた僕らは、二人だけで、時間をかけて人間関係の再構築をしていく。

By | 4月 4, 2018
 

-for all children

宮沢りえの元夫「娘に会いたい」過去の面会は毎回ピリピリだった? – ライブドアニュース

By | 4月 3, 2018
 

宮沢りえ、元夫・実業家A氏との離婚調停4年の全真相と「愛娘トラブル」
2018年4月3日 4時0分

「宮沢りえさんの元夫・Aさんは、彼女の新しい門出を祝福していますよ。ただ、もう1年半以上も8歳の娘さんとは会わせてもらえず、つらい日々を送っています……」

【写真】りえと愛娘の日常生活

そう重い口を開いたのは、りえとAさん双方と長年親交のある知人だ。

りえは、3月16日にV6の森田剛との結婚を発表したばかり。発表から2日後には、共演する本木雅弘とともに『伊右衛門』新CMの発表会に顔を出した。

「宮沢さんは報道陣から声をかけられ、うれしそうな笑顔を見せていましたね。本木さんの粋な言葉に“ありがとうございます”と頭を下げる様子は、幸せいっぱいという感じでした」(スポーツ紙記者)

りえと森田は、’16年8月に初共演をきっかけに交際が始まり、その後もふたりの旅行やゴルフデートなどがキャッチされていた。

「森田さんは、過去にセクシー女優の美雪ありすさんとの熱愛が報じられましたが、V6のメンバーという立場では、彼女と一緒になるのは難しかったのかも。破局後に出会った宮沢さんと短期間で結婚までたどり着いたのは、それまでのいきさつからすれば自然な流れだったと思います」(同・スポーツ紙記者)

今年2月、彼女は娘とともに都心のマンションに引っ越した。

「富裕層ファミリー向けの物件で、家賃は月150万円超えのマンションです。彼女には小学校低学年の娘がいますが、子ども部屋を作ってもまだ部屋が余っているそう。今後は、そこに森田さんも“愛の巣”として一緒に住むんでしょうね」(りえの知人)

これから親子3人での新生活が始まるのだろう。祝福ムードに包まれているが、冒頭の知人によると、りえの元夫であるAさんが、長期間にわたって娘と面会できずにいるというのだ。

「宮沢さんは’09年2月に妊娠6か月を発表。父親は、40代の日本人実業家・Aさんであることが報道されました。ハワイ在住の元プロサーファーで、4月に入って婚姻届を提出、同月6日に東京都内で挙式しました。5月20日に長女を出産しています」(前出・スポーツ紙記者)

しかし、’12年になると離婚協議中であることが明らかになり、正式に離婚を発表したのは、実に4年後の’16年3月だった。

理解に苦しむりえの行動
「’12年2月にりえさんは何の前触れもなく、娘さんを連れて自宅を出たそうです。その後いきなり離婚を申し出て以降、Aさんは弁護士を介さなければ、宮沢さんと会うことも連絡をとることもできなくなったそうです」(前出・ふたりの知人、以下「」内は同)

Aさんは、りえの行動の理由がわからず苦しんだという。

「りえさんが娘さんを連れて出ていったときは、“どうしていいかわからない”といった抜け殻状態でした。彼は普段あまりお酒を飲まない人なのですが、ひとりで暮らすようになってからは、寂しさをまぎらわすためなのか、外食先でお酒を飲むことが増えたみたいですね」

当時は、離婚調停に至った原因が“生活のすれ違い”などと報じられたが、実はAさんはいわゆる“イクメンパパ”で、積極的に子育てにも関わっていた。

「むしろAさんのほうが娘さんに長い時間、接していたのではないでしょうか。“主夫なんじゃないか”というほど愛情をかけて世話していました。りえさんは女優なので、舞台や映画のスケジュールがあると家に帰れないこともありました。

その間ケアをしていたのがAさんなんですよ。オムツを替えたり、泣いたときにあやしたりするのも、普通のお父さんとは比べものにならないほど上手。娘さんが赤ちゃんのころも“いいよ、僕がやるから”と、ご飯を食べさせてあげたりしていました」

妻の仕事を理解し、進んでサポート役にまわっていた。

「家族で飲食店に行ったときも、子どもがグズってきたら久しぶりの休みでゆっくりしたいりえさんを気遣ってAさんが外に連れ出すんです。めんどくさがることなく、嬉々としてやっているようにも見えました。子どもに愛情をかけるのは、家族のためであると同時に自分のためでもあると考えていたんです」

これだけ家族のために献身的だった夫に対し、いったいりえは、どんな不満があったのだろうか。

調停期間中に3人で会うことも何度かあったようだが、

「そのときも、りえさんサイドの人物の立ち会いのもとだったようで、Aさんがふたりきりで娘さんと時間を過ごせることはなかったんだとか。お子さんの立場からしてもかわいそうだなと思いました」

別居から離婚成立まで約4年かかったのは、親権や面会の条件についてなかなかお互いの合意が得られなかったから。最終的な取り決めは、双方が相談したうえで“随時Aさんと娘さんが面会を行う”というものだったという。

「もっとも今まで何回か面会が実現しましたが、毎回ピリピリした雰囲気で父子ともども楽しい時間は過ごせなかったと聞いています。りえさんのマネージャーや弁護士がいつも同席していましたから」

’16年7月ごろの面会を最後に、Aさんは現在まで1度も娘に会えていない。

「その最後の面会の前後に、りえさんは“今後は娘が希望しなければ面会はさせません”といったニュアンスの発言をしたそうです。

Aさんは、すでに新しい家族と新しい道を歩み始めていますが、やはりりえさんとの娘さんがどう成長したのかをずっと気にしています。娘さんは小学生になりましたが、彼を嫌がっているなんてことはありませんからね。りえさんは“子どもが望めば会わせる”と言っていますが、実際はご自分の意思でAさんに子どもを会わせていないように感じます」

実際、娘もAさんになついていたことがわかるこんなエピソードも。

「グズって泣いてしまったときも、だいたいはAさんに抱きつきにいくんです。日々一緒に過ごして愛情を感じていますから、娘さんにとってはいちばん安心できる存在だったんでしょう」

最も大切なのは、娘の気持ちであるはずだ。お互いに新しい家庭を築いたとはいえ、実の父に会えないという状況は理不尽に思える。

元夫・Aさんに直撃すると
3月下旬、りえの元夫・Aさんに直接話を聞くため、都内の自宅から外出するところを直撃した。

「特に話せることはありません。申し訳ありません……」

直撃に驚いた様子だったが、娘と面会できていない件について聞くと、ふり絞るような小さな声でこう答えた。

「もちろん、娘には会いたいですよ……」

父親としての思いを吐露したAさんは、足早にその場を立ち去ってしまった。今後いつになれば、Aさんと娘の面会は実現するのか。

りえとAさんの双方の弁護士事務所に質問状を送ったが、期限までに回答はなかった。

「Aさんは裏表がなく、誰に対しても優しい人です。なぜりえさんが娘さんと会わせないのか、理由がわかりません。彼は家族の団らんを取り戻そうとしたのですが、りえさんはただ崩壊の道を進んでいった。

子どもにとってお父さんがいなくなるということはすごく大きなことなので、なぜ関係修復の方向に向かうことができなかったのかと……」(前出・知人)

娘は森田にもなついているのだろうし、幸福な家族が誕生するのは喜ばしい。彼女の気持ちが置き去りになっていなければいいのだが……。

— 読み進める news.livedoor.com/lite/article_detail/14523020/