ノルウェー子どもオンブッド:7歳以上の子どもの意見をしっかりと聞き、子どもの権利が守られるようにすること。子は両親の争いには巻き込まれないこと。



2014年5月中旬、ノルウェー子どもオンブッド、アンネ・リンブーが初来日しました。

 

子どもオンブッドとは】
子どもオンブッドとは、青少年・子どもを擁護し、その権利の保護に努めるものです。
子どもオンブッドの制度は世界で初めてノルウェーで誕生しましたが、今では世界の複数の国で「子どもオンブッド」が任命されています。ノルウェーの子どもオンブッドは国王によって任命され、その任期は6年です。子どもオンブッドは下記の重要な役割を担います:

  • 子どもの意見がきちんと聞かれ、その権利が守られるよう気を配る
  • 国内法化されている「子どもの権利条約」が、当局により遵守されるよう見守る
  • 独立した立場でその意見を表明し、毎年力を注ぐべき重点領域を定めて、注視をよびかける
  • 子どもが経験した事柄について話を聞き、それに基づく見解や忠告を政策決定者に伝える

【子どもオンブッドが出来ないこと】

  • 管轄当局、例えば社会福祉担当機関や移民問題の担当機関、学校、裁判所などによる決定を無効にすることはできない。
  • 子どもの親権に関する両親間の争い、子どもと両親の争いには介入できない

情報源: ノルウェー子どもオンブッド来日

コメントを残す

Close Menu
Close Panel