「ショーンとデイヴィッド・ゴールド マン国際児童拉致防止法」とは

By | 6月 1, 2017

「ショーンとデイヴィッド・ゴールド
マン国際児童拉致防止法」
(略称:ゴールドマン法 正式名称:the Sean and
David Goldman International Child Abduction Prevention and Return Act)
2009年にスミス議員が原案を提出し、2014年8月にオバマ前大統領が署名した法律です。子どもの返還に応じない国に対する制裁などが定められてい
ます。
2004年にアメリカのニュージャージー州市民であるSean Goldman君が、母親によりブラジルに連れ去られ、彼の父親のDavid
Goldmanさんが6年近くにわたり母親を相手に争った末、2009年にSean君が父親の親権の元に戻された事件を発端に作られた法律です。
スミス議員は、自身のWebページでも、子の拉致は児童虐待と人権侵害の一種であると主張しています。彼は、何千もの拉致された子どもに何年も会えな
い、引き離された親の苦しみと悲しみに理解を示すと同時に憤慨を露わにしています。
この法律は、拉致された子どもたちを返還させるように、残虐な連れ去った親たちが海外で戦わないように、
米国国務省から報告と支援を求めています。また、米国の子どもたちの返還に協力しない国に対して
適用する具体的な罰則まで定められています。
例えば、外交ルートを通じた請願や抗議、事件を詳述する正式な公式声明が行われ、国
際的に非難されます。また二国間での公式訪問の延期や取り消しが行われ、米国
の安全保障援助や開発援助の制限や撤回が可能です。経済的支援や援助の制限や撤回も記載されていま
す。 さらに、子を拉致に関わった者らを正式に告発します。
毎年4月30日までに米国政府に報告書が提出され、ホームページから開示されました。しかし内容は、日本がハーグ条約違反とは明記されず、どちらとも言えない内容でした。
その報告書によって、日本で子どもの拉致事件が違法と判断され、ハーグ条約を遵守していない国として日本が定義されることを、日本国民でありながら期待してしまいますが、現在の世界情勢を鑑みるとなかなか難しいのではないかと思っています。もし日本がハーグ条約を守っていないとされた場合、90日以内に上記のような制裁が決定されます。
ーー

コメントを残す