ご協力をお願いします!クラウドファンディング実施中! 映画「The Red Pill」で考える~本当の男女平等とは?日本では離婚後、父親と母親の双方が子どもの養育を続けたいと思っても、親権が一方から奪われてしまい、子どもと合うことが出来ない方たちが居ます。子どもはどちらかの親のものではありません。今回、親権を争う際に、「男性(父親)だから」「女性(母親)だから」という性別的差別を無くし、本当の男女平等について考えてもらいたいと思い、映画「The Red Pill」の上映会を開催します。 ご支援よろしくお願いします!

By | 12月 7, 2017

 
https://youtu.be/h2_HjymM-FY

~キャシー監督より~この予告編は商用目的ではなく、この画期的な映画を日本で上映するための資金を募るためのものです。
 
クラウドファンディング実施中!
映画「The Red Pill」で考える~本当の男女平等とは?
日本では離婚後、父親と母親の双方が子どもの養育を続けたいと思っても、親権が一方から奪われてしまい、子どもと合うことが出来ない方たちが居ます。子どもはどちらかの親のものではありません。今回、親権を争う際に、「男性(父親)だから」「女性(母親)だから」という性別的差別を無くし、本当の男女平等について考えてもらいたいと思い、映画「The Red Pill」の上映会を開催します。
ご支援よろしくお願いします!
クラウドファンディング(ネット上での寄付)は下記のURLからお手続きください。
URL: https://readyfor.jp/projects/14548  (12月27日まで)
共同親権運動ネットワーク(kネット)「THE RED PILL」日本上映委員会
■e-mail:contact@kyodosinken.com
■ホームページ: http://kyodosinken.com
■上映スケジュール■
開催日時:2018年5月5日 入場料:無料
会場:都内(調整中) 2018年5月~7月で3回の開催を予定しています。
■資金使途■
3000円からのご寄付をお願いしています 。いただいた支援金は、米国エージェントからの日本国内での
上映権購入費用、翻訳家による翻訳作業費用、上映施設の使用料として大切に活用させていただきます。
―映画 The Red Pill―
フェミニスト(女性の権利を主張する立場)の女性監督キャシー・ジェイによって製作されたドキュメンタリー映画です。
映画は、フェミニストであるキャシー自身が、マスキュリスト(男性の権利を主張する立場)たちへインタビューを行いながら進んでいきます。
その中で、彼女は「女性が弱い、不利な立場にある」という自らの信念に疑問を持ちはじめます。男性たちもまた、社会の中で犠牲を払い、不利益を被っているのではないかと気づきはじめたのです。

コメントを残す