<調停問答>調停で、調停員に面会交流の条件が拡充することに承諾が取れたときに、調停員が「これで、遠出もできるし、思いっきり遊べますね」と言われ、僕は、ずれているなあ、と思い言った。「面会交流という名前自体どうかと思いますが、私は、共同で子どもを養育したいのです。 風邪の時もあれば、勉強を教えてあげたり、一緒にお風呂に入って一緒に寝て起きて、一緒に生活がしたいのです。一体どうしてそれができないのですか?子どもには両親が2人居て、別々でも、ふれあえた方が子どもの利益ですよね?」

By | 12月 8, 2017

調停で、調停員に面会交流の条件が拡充することに承諾が取れたときに、調停員が「これで、遠出もできるし、思いっきり遊べますね」と言われ、僕は、ずれているなあと思い、言った。「面会交流という名前自体どうかと思いますが、私は、共同で子どもを養育したいのです。風邪の時や勉強の面倒をみてあげたり、一緒にお風呂に入って一緒に寝て起きて、共に生活がしたいのです。親なのに一体どうしてそれができないのですか?子どもには両親が2人居て、別々でも、ふれあえた方が子どもの利益ですよね?」

コメントを残す