View:父として子どもの人生に責任を持とう: 離婚して別居したとしても、養育時間と養育費の責任を持とう。子どもにとって唯一の父親は何があっても一生変わることはない。子どもの血は、ママとパパのでできている。子どもがどのようにこの世に誕生したのか、ママとパパは誰なのか知る権利がある。そして親はこの世に授けた子どもに対して責任を持つべきだ。


-for all children

コメントを残す

Close Menu
Close Panel