ブログのタイトルを変更しました:子どもには多くの人の暖かい愛情を受けて育つ権利があります。真の共同養育をするためには、共同親権国になって、父と母両方が平等に子どもにとって義務を果たすことができるようにするべきです。

By | 5月 17, 2018

子どもと家族の絆がおろそかにされ、監護親の権利が強すぎて、婚姻中でも別居している親が子どもの親としての義務が果たせない。
おかしいことだらけの、先進国唯一の単独親権国、日本。
両親が共働きで、子どもの養育が蔑ろにされている。もっと育児のしやすい働き方ができる国にしたい。
子どもにとっては、親が離婚していても、父と母ふたりはの愛情を感じたい。
真の共同養育をするためには、共同親権国になって、父と母両方が平等に子どもにとって義務を果たすことができるようにするべきだ。

コメントを残す