LOG:離婚後、子どもと離れてからの自分の人生のやり直し方-調停合意の約束の時間より早めに迎えに来て、宿泊面会交流が終わり、いつものように息子ロスで落ち込んだ。いつもより深く。

離婚後の、子どもから離れてからの自分の人生のやり直し方。

自分は頻度高く会えているので、まだましなんだろうけれど。離婚した後の自分の人生の再構築。息子とのかかわり方。自分の人生の目標。空虚な気持ちになって落ち込んだ後、立て直すのに時間がかかる。マクドナルドに来て、コーヒーを飲みながら自問するのは何度目だろう。

一人の時間はとても大切だ。

他の皆さんはどのように、reconstructed されているのだろうか。

棚瀬和代先生の本には、4年ぐらいかかるだろうと、書かれていたのを思い出す。

子どもとの、別居生活、別々の人生が、さらに心理的依存を断ち切ることを難しくさせる。

子どもを愛することは、どの程度からからが、自分の人生の幸せの依存状態なのか。

子どもにとってはどうか。お父さんに自由に会えない子ども気持ちはどうなのだろう。

子がいる離婚は、するべきじゃない。簡単に認めないでほしい。

僕は、子供に会いたいのなら、離婚してと頼まれてしたけれど、その理不尽さと屈辱は絶対忘れない。元妻を責めるというよりも、そういうことを容認している社会の仕組み、裁判所のやり方を憎む。どれだけ同じような不幸せを、製造しているのか。

//

コメントを残す

Close Menu
Close Panel