18歳成人の学費は「誰が出す」のが妥当なのか | 家計・貯金 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

6月13日、成人年齢を20歳から18歳に引き下げる改正民法が成立しました。2002年4月2日から2004年4月1日生まれまでの子どもは2022年4月1日付で全員が成人に。2004年4月2日生まれ以降の子どもは18歳の誕生日を迎えた…
— 読み進める toyokeizai.net/articles/-/227720