KEYNOTE: この「子どもと家族の絆を守ろう」で伝えたいこと

KEYNOTE: このサイトで伝えたいこと

面会交流の次に、私たち親が、子どものためにできることは?

家族組織は国家組織の基礎である。政治屋は、家族の大切さを蔑ろにしないでください。ひとり親の支援(対処療法)をする前に、家族の絆を守るための支援をすることの方が重要です。
子どもは将来を背負っていく、国民の主役です。健全に子どもが育たなければ、国家は不健全になり、文化も経済も衰退してしまいます。
私たちは、自分の自由意志で物事を考えて、言動を決定していると思っているけれど、植え付けられた考えや考え方が多くあります。個々の人が幸せになるための新しい考えや考え方はあるし、進化させていくことができます。日本人の常識は、世界の非常識であることに敏感になろう。
片方の親が無断で勝手に子どもを連れて引っ越しをすることは、実子誘拐であり違法です。
子どもの利益や福祉を、大人が良いように解釈して、大人の利益のために利用していることが多くあります。子どもの権利が蔑ろにされ、軽く扱われすぎています。
直接的に子どもに不利益が被らない限り、子どもは親に会う権利があります。子どもを片親から引き剥がし、片親を否定し悪感情を植え付けることは、子どもへの虐待です。(片親疎外)
子どもの権利義務、同居親の権利義務、そして別居親の権利義務は、すべて公平に同格に扱われるべきです。
離婚後、片親が単独親権を強制される、現在の法律は、日本国憲法違反です。国民の男女平等や基本的人権の考えと相反しています。単独親権は違法です。
離婚後も、結婚をしていなくても、両方の親は、子どもに対して、共同で親権を持ち共同で責任を負うべきです。親子の共同親権制度を基本にしよう。
より多様な生活様式や習慣、そして文化を受け入れよう。生物学的な男女差もあいまいになり、男女の役割分担も既成概念にとらわれずに、ひとりひとりが幸せになる社会制度や仕組みを作ろう。
子どものための、「共同養育計画書」を作ろう。

 

【お勧めの本】


単独親権の日本において、子どもの育て方はおかしい部分がある。それを意識して変えていこう。

片親疎外とは。離婚後の子どもの子育ては気をつけよう。子どもにとって親は、いつでもずっと親だ。離れること、また切り離すことのないようにしよう。

無意識的にかもしれないが、言葉の達人、いや、話のうまい人はいる。だからといって、従う必要は無い。巧みな言葉の技術を見抜いてみよう。

悪い影響を与える相手のペースに巻き込まれずに、冷静でいよう。

人生は冒険の連続である。レールの上の人生より、起伏のある驚きに満ちた人生の方が豊かだと思わない?

他の人の人生まで背負う必要はない。協調性と自立心のバランスは。子どもの人生のガイドにはなろう。

※ご意見やコメントをお待ちしております!

http://fbu.jp/2018/8576/
EDIT

コメントを残す

Close Menu
Close Panel