Event: 共同養育が当たり前の社会にするために何をすべきか

一方の親によって子供を連れ去られ、連れ去り側に親権(監護権)がほぼ自動的に付与され、親子が引き離される「子の連れ去り」が横行しています。別居は夫婦の問題であり、親子関係は子供への暴力の問題がない限りは断絶されるべきではありません。子供の健やかなる成長のためには、別居後でも子供は両親および両方の親族から愛情を受けることが必要です。共同養育が当たり前の社会が必要です。EU26カ国から声明が寄せられ、米国から「ハーグ条約不履行国」に認定された今、親子が引き離されてはならないという声が大きくなってきています。流れに任せることなく、今一度、「我々の目標は何か」、「我々にできることは何か」を考え、共に進みましょう。藤木 俊一 氏テキサス親父 日本事務局 事務局長荒木 舞 氏立命館大学 生存学研究センター 客員研究員松本 常広 氏武蔵小山法律事務所 代表弁護士串田 誠一 氏衆議院議員(日本維新の会)中津川 ひろさと 氏前衆議院議員(日本維新の会)結の会http://www.maroon.dti.ne.jp/with-child/
— 読み進める select-type.com/ev/

コメントを残す

Close Menu
Close Panel