子どもにとって両家の祖父母、親戚家族、生みの親、どれも大切な社会基盤の根本だ。:「子どもと実親をできるだけ会わせたい」ある里親の思い(若林朋子) – 個人 – Yahoo!ニュース

子どもにとって生みの親は“大切な存在”

筆者が宿泊した翌日、1人の里子が生みの親との面会を控えていた。伊嶋さんは帰宅時間や送り迎えなどの段取りを念入りに確認し、弁当を渡して送り出した。できる限り、親子の面会の機会を尊重するスタンスである。経験を積むにつれ、その思いは強くなったという。

「子どもにとっては、どんな親でも“大切な存在”と思っている。その気持ちを無視はできない……」
— 読み進める news.yahoo.co.jp/byline/wakabayashitomoko/20190304-00116729/

コメントを残す

Close Menu
Close Panel