絶縁して「30年音信不通」の父が孤独死、残された部屋の掃除は子どもの義務? – 弁護士ドットコム

【弁護士ドットコム】ある日突然、音信不通だった父親が孤独死したという警察からの知らせ。父親が借りて住んでいたアパートの不動産会社からは、部屋にある家財道具の片付けや処分、部屋のクリーニング費用を「相続人である私たち子どもが負担するのが当然」…
— 読み進める www.bengo4.com/c_4/n_9303/

コメントを残す

Close Menu
Close Panel