離婚と面会交流の裁判はこれに該当する場合多くないか????:民法(利益相反行為)第八百二十六条 親権を行う父又は母とその子との利益が相反する行為については、親権を行う者は、その子のために特別代理人を選任することを家庭裁判所に請求しなければならない。

往々にして、子どもに会いたければ、離婚せよと、一緒に住んでいる親があからさまに主張してくるが、それは利益相反行為にあたらないのだろうか?

(利益相反行為)第八百二十六条  親権を行う父又は母とその子との利益が相反する行為については、親権を行う者は、その子のために特別代理人を選任することを家庭裁判所に請求しなければならない。

情報源: 民法(家族法) – 「子どもと家族の絆を守る」

コメントを残す

Close Menu
Close Panel