東大に合格する子を育てる親に共通点はある? 開成の校長に聞いた(AERA dot.) – goo ニュース

今年も東京大学の合格発表が終わり、開成高校が39年連続で合格者数1位となりました。開成の柳沢幸雄校長は、著書『男の子を伸ばす母親が10歳までにしていること』の中で「…
— 読み進める news.goo.ne.jp/article/dot/life/dot-2019031300067.html

最も大事なのは、「自分は親から愛されている。受け入れられている」と、子どもが感じることなのです。

開成では入学後、学校生活に関するアンケートを取るのですが、98%を超える子が「学校が楽しい」と答えます。学校が楽しいというのは、自分を受け入れてくれる場所があるということです。

安定した家庭で育った子は、クラスや部活動、委員会など「自分を受け入れてくれる場所」を見つけます。そういう場所には自然と行きたくなるので、結果として学校生活が楽しくなり、勉強にも身が入るのです

コメントを残す

Close Menu
Close Panel