パパ目線で選ぶ! 便利で絶対欲しくなるオススメの育児アイテム8選 | FQ JAPAN 男の育児online

せっかくパパになったのだから、カッコよい子育てがしたい! 格好なんて……と思うかもしれないが、育児を楽しむためにも、まずは形から入るのも悪くないだろう。おんぶキャリア、三つ折り型ベビーカーなど、かっこいいイクメンが完成する、パパ向けのオシャレ育児グッズをご紹介。
— 読み進める fqmagazine.jp/82704/child-care-goods-2/

やっぱり親の背中を見ていた…将来、働くことが楽しみな子供の共通点 | CHANTO

株式会社アイデムが小学校5年生または6年生の子どもを持つ男女1308名を対象に、「働く父親・母親への憧れ」に関する調査を実施。男女問わず、親子の会話が長いほど親に対して「あの人のような大人になりたい」と憧れる結果が明らかに。
— 読み進める chanto.jp.net/childcare/education/68976/

学校の正解主義から脱し「現場力」を高める方法 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

地頭のいい人の事例を紹介するとき、僕はよくジャッキー・チェンの動画を共有します。ジャッキー・チェンは、敵と戦う時、その場にあったゴミ箱の蓋で防御したり、洗濯物の縄で攻撃したりと、目の前にあるものを即座に武器に変え、状況に合わせて最大限の戦い
— 読み進める forbesjapan.com/articles/detail/25333

2020年の教育改革で求められる「非認知能力」って?数値化できない人間力の育て方(1/2) – ハピママ*

2020年の教育改革が目前に、注目を集めている「非認知能力」ってどんな能力? 「全米最優秀女子高生」を育てたボーグ重子さんの『「非認知能力」の育て方』を参考に、非認知能力を伸ばすために、家庭でできることをご紹介します。
— 読み進める ure.pia.co.jp/articles/-/410135

あなたの「間違った褒め方」が子供の可能性を潰してませんか…? | CHANTO

「子どもはほめて伸ばそう」と言われますが、お子さんをどんな風にほめていますか?良かれと思ってほめても、ほめ方が間違っていると逆効果になってしまう…と聞くとドキッとしますよね。子どもをダメにしかねない「間違ったほめ方」ってどんなものでしょう?
— 読み進める chanto.jp.net/childcare/education/74384/

それが単独親権に現れているというべきか:「日本という国に根強く残る性別役割分担の名残」 ニューヨークタイムズが描く、日本のワーキングマザーの生きづらさ | ハフポスト

「女性が負う負担を軽減しながら、より多くの女性に働くことを促した」という、安倍晋三首相の「ウィメノミクス」にも反論しました。
— 読み進める m.huffingtonpost.jp/

目から汁が出てくる:野田市虐待死事件 心愛さんが父親に書かされた手紙全文「児童相談所の人には会いたくない…」 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

なぜ、幼い命は救えなかったのか──。千葉県野田市で小学4年生の栗原心愛さん(10)が、父親の栗原勇一郎容疑者(41)による虐待で死亡した事件で5日、心愛さんが勇一郎容疑者に「お父さんに叩かれたのはウ…
— 読み進める dot.asahi.com/dot/2019020500073.html

Daily Log(2019.02.05.)

  • これは!!戦わずして勝つ!日本もこういう兵器を開発してほしい:ロシアの新兵器は、敵の視力を奪い嘔吐させる | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイトト https://t.co/0YKvP9kz7Q 19:17:40
  • ブラック企業一覧 :: SHEM 非営利一般社団法人 安全衛生優良企業マーク推進機構 https://t.co/whkaAD0bGa 08:36:50
  • 厚労省“ブラック企業リスト”更新 労働者の「二重派遣」で中間搾取した企業など追加(ITmedia ビジネスオンライン) – goo ニュース https://t.co/hJTmnJr3WQ 08:33:48

【書評】『最上のほめ方 自己肯定感を高める4つのステップ』 | ライフハッカー[日本版]

『最上のほめ方 自己肯定感を高める4つのステップ』(八田哲夫、原邦雄著、光文社)の著者は、「幼児教育から日本を元気にすること」を目的に、子どもを持つ親や先生たちに向けて30年間で3700回以上の講演・研修を行ってきたという人物。そんな経験に
— 読み進める www.lifehacker.jp/2019/02/book_to_read_praise.html

根拠のない自信を育てる|アメリカでのバイリンガル子育 て|現地情報誌ライトハウス

https://www.us-lighthouse.com/study/bilingual/self%E2%80%90confidence.html

根拠のない自信を育てる

「バイリンガル子育ての秘訣」船津 徹(TLC for Kids代表)海外での子育てでは子どもの自信を育てることが大切です。自分の意思とは無関係に異文化への適応を余儀なくされる子どもは、親が想像する以上に多くのストレス、戸惑い、不安に直面します。慣れ親しんだ言葉や習慣が通用しない集団社会(現地校)に入るとき、誰でも多かれ少なかれ劣等感を覚えたり、自信喪失を経験します。 このとき、子どもの学校適応を左右するのが「自信」です。自信が大きく育っている子は、新しい環境への不安や恐怖よりも「自分はやればできる」という気持ちが勝っているので、困難に立ち向かっていくことができます。その結果、英語力も人間関係も積極的に身に付け、自分らしさを保ちながら新しい環境へ適応していくことができるのです。

 一方、自信のない子は「自分はどうせできない」という気持ちが根底にあるため、ストレス、不快といったマイナスの刺激を恐れ、避けるようになります。すると、何事にも消極的で、友だちがなかなかできず、英語力が伸び悩み、学力が停滞し、さらに自信が減退するという悪循環に陥ってしまいます。

根拠のない自信を育てる

 子どもの自信の源は「根拠のない自信」です。勉強や課外活動など、自分の努力によって自信をつけていくのは先の話。根拠のない自信というのは「ボクはママから愛されている」「私は親から必要とされている」という自信であり「自分は価値がある人間だ」と心から信じている状態です。
 人間にとって最も大切な資質である「やる気」の大小も「根拠のない自信」が関わっています。「困ったときにはママが助けてくれる」「いつもママはボクの味方だ」という安心感が根底にあれば、失敗を怖がらない積極的な性格に育ちます。反対に「誰も助けてくれない」「世の中は敵ばかりだ」という不安感が根底にあると、臆病で消極的な反面、他人には警戒的、攻撃的な性格になります。
 「根拠のない自信」を育てるには、親から愛されていると子どもが「実感」していなければなりません。もちろん大抵の親は我が子を心から愛していると「思っている」でしょう。しかし、多くの子どもは親から愛され受け入れられていると「実感」できていないのです。この愛情のすれ違いが多くの子どもに自信と積極性が育たない最大の原因です。

自信を育てるコツは「お手伝い」

 子どもに愛情の「実感」を与える一番の方法が「お手伝い」です。簡単なお手伝いを頼み、できたら「手伝ってくれて助かったわ、ありがとう」と言い、ギュッと抱きしめて感謝するのです。子どもはお母さんの胸に抱かれ感謝されたことで「自分は愛され、必要とされている」という「実感」を得ることができます。
 子育て上手なお母さんは、子どもに頻繁にお手伝いを頼み、愛情のインプットをせっせと積み上げています。人から感謝される喜びと快感をたくさん経験して育った子どもは、前向きで積極的、そして開放的な人柄になります。
 子どもが2、3歳でもどんどんお手伝いを頼みましょう。ただ、命令や指図で子どもを動かそうとしてはいけません。ささいなことでも必ず「頼むこと」から始めてください。「○○ちゃん、悪いけどママを手伝ってね」。そして、子どもがしてくれたら「ありがとう、助かったわ」と抱きしめて感謝する。これで子どもは自分の働きがママに必要だ、自分は役に立つ人間だという「実感」を得ることができます。コツはスキンシップを加えること。言葉で感謝するよりも100倍愛情が伝わります。

勉強以外の特技を持たせる

 根拠のない自信を育てることは小学生以上の子どもにも効果がありますのでぜひ実践してください。同時に、小学校高学年からは、根拠のある自信作りにも配慮しましょう。バイリンガルの子どもは、英語力でハンディがありますから、学力面でトップに立つには長い時間と努力が必要です。そこで両親が目を向けるべきは「勉強以外の特技」を持たせることです。
 スポーツ、音楽、絵画、演劇、どんな分野でも、どんなに小さなことでも構いませんので、子どもが好きなこと、得意なことに集中的に取り組ませ、特技へとレベルアップさせるのです。マンガを描けば人には絶対に負けない、ギターを弾けば自分が一番だ、卓球なら誰にも負けない、そんな特技が一つあるだけで、子どもの自信は倍増します。その自信が源泉となって、学業にも課外活動にも対人関係にも積極的に取り組める資質が育つのです。
 
(2014年10月1日号掲載)

mail

暴言で辞意表明の明石市長 テレビでは録音がカットされた職員らのヒソヒソ話〈dot.〉(AERA dot.) – Yahoo!ニュース

暴言で辞意表明の明石市長 テレビでは録音がカットされた職員らのヒソヒソ話〈dot.〉
2/4(月) 9:00配信
1087

2月1日に辞意を表明した明石市長(c)朝日新聞社
市職員への暴言問題で2月1日、辞職願を提出した兵庫県明石市の泉房穂市長(55)。辞職を否定し、4月の市長選で3選を目指す意向を明らかにした会見から、わずか3日間で一体、何があったのか?

「まさか、あの録音で市長が辞任に追い込まれるとは、思いもしませんでした」

明石市で立ち退きに関与していた職員は驚きを隠せなかった。

なぜ、職員らは録音をとっていたのか。筆者が入手した泉市長の恫喝録音のすべてを聞くと冒頭に、「お、呼び出しや 行ってくるわ」と職員が泉市長から呼び出しを受け、説明に行くと周囲に知らせている会話があった。

そして録音では、泉市長が「市民の安全のため、道路広げて。それが(担当者の)誇りや。しんどい仕事からせえよ。2年ものびるとその間、安全やない。言いたいのはそれや」と最後に一喝。職員らが部屋を出た後の「ひそひそ話」の会話も含まれていた。

「(市長が)火つけてこい、火つけてこい、座り込めってよう言いますわ」
「座り込めは、よくあるねん」
「許せんど、辞めたって許せん 担当者クビにせえ、と」
「(市長に)すんません、言ういうたら『すんませんで、すむ思とんか』かって」

時折、笑い声も含まれていた。泉市長のモノマネのようなやり取りをし、職員同士がボケとツッコミのように笑いのネタにしているのだ。

それについて、ある明石市の幹部はこう打ち明ける。

「泉市長がブチ切れて、わぁーわぁー言うのは、よくあること。もう幹部職員は、半分、慣れっこですわ」

録音でも、「まあ最近、(泉市長の)言葉がきついのは、大変、あれかもしれませんが…」と職員がフォローすると、恫喝された職員が「いえいえ、きついのは慣れてます」と応じている。

そして一部の職員たちは、泉市長の怒りについてこう理解しているという。

「ずっと、市長が言っていた安全対策事業やから安全を2年も延長する、あの危機意識は持たなあかん。安全にかかわるもの最優先や」

恫喝された職員も「そこはほんま、ぐうの音が出んくらい正しい。(市長の)言われる通り」と認めていたのである。
— 読み進める headlines.yahoo.co.jp/article

男性も育児休暇が取れるべき:インフルエンザで学級閉鎖… 出勤できないママに会社の理不尽な文句が降りかった | CHANTO

インフルエンザが流行り始め、世間では”学級閉鎖”に追い込まれる学校も増えています。働くお母さんの中には子どもの急な休みに対応できず、困っている人が多いよう。つい先日も、ある女性の「学級閉鎖中は仕事を休むべきか」という相談に様々な意見が寄せられていました。
— 読み進める chanto.jp.net/childcare/education/73503/

2019年10月から「幼児教育無償化」が始まります! |ベビーカレンダーのベビーニュース

この記事では、ファイナンシャルプランナーの大野先生が幼児教育無償化についてお話しします。まずは幼児教育無償化の概要について、次に無償化によって今後利用者が増える可能性についてお伝えします。すでに自治体によっては導入しているところもあるので確認してみましょう。
— 読み進める baby-calendar.jp/smilenews/detail/8908

4月からパパもPTAに参戦したるで!:子供のためのPTAなのに休日はママさんバレー…本末転倒な組織の意義って? | CHANTO

新年度が近づき、お母さんたちの間では”PTA”の役員決めが始まっているよう。そのためネット上でも、PTAに関するつぶやきが少なくありません。つい先日も、初めてPTA役員に任命されたお母さんの悩みが大きな注目を集めていました。
— 読み進める chanto.jp.net/childcare/education/73437/

考え直したい「家」制度~「家」から「個人」を尊重する社会へ~:朝日新聞GLOBE+

ニッポンあれやこれや ~“日独ハーフ”サンドラの視点~
考え直したい「家」制度~「家」から「個人」を尊重する社会へ~
2019.01.28

ニッポンあれやこれや ~“日独ハーフ”サンドラの視点~
VIEW ALL
 先日、家族のしがらみについて書いた際に日本と欧州の共通点について書きましたが、家族という共同体を通して欧州と日本を比較する際、総合的にはやはり「違い」が目立ちます。夫婦のあり方など色んな違いがあるのですが、一番の違いはやはり「子供とのかかわり方」だと思います。もっというと「子供を持つ夫婦が離婚となった場合の『その後』の子供とのかかわり方」が一番の違いかもしれません。
 日本では当たり前とされている単独親権
親権を持たない親や、子供との交流が遮断されてしまった親が家裁への審判・調停を申し立て、子供の引き渡しや面会を求めるケースが日本では増加しています。民法第766条は親の離婚時に「子の利益を最も優先して考慮しなければならない」としています。
ところが日本は単独親権が主流であるため、たとえ離婚時に子との面会交流の取り決めが交わされても、親権を持った側の親(多くの場合、それは母親)が、親権を持たない親(多くの場合、それは父親)に後に面会をさせないケースも目立ちます。「面会をさせないこと」について明確な罰則はありません。それどころか詳しくは後述しますが、国内における「子の連れ去り」に関しても罰則はないのです。
日本は2014年にハーグ条約に加盟していますが、この条約は「子供は両方の親とかかわりを持つことが望ましい」という考え方を基盤としているため、ハーグ条約と日本の国内法の間に矛盾が生じています。世界の先進国は基本的に共同親権である国がほとんどであるのに対し、なぜ日本では単独親権のままなのでしょうか。
SPONSORED CONTENT
パラアスリートが一番願うのは「パラスポーツが特別なものではなく、他のスポーツと同様に多くの人に普通に見てもらえるようになること」
三菱商事
 単独親権の根本にある「家」という考え方
日本では結婚を考える際、または子供を持つか持たないかを考える際に、欧米よりも「家」を優先した考え方が目立ちます。たとえば、ヨーロッパだと子供を持つか持たないかは完全に女性個人、またはカップルで決めますが、日本だと親の「孫の顔が見たい」という気持ちを汲み取ったり、「自分が一人っ子だから、自分が子を持たないと家が途絶えてしまう」「子供を持たないと、名前が引き継がれない(名前が途絶えてしまう)」といった具合に、「子」を前にすると「個人」や「カップル」に対する「家」の影響も大きいのでした。
そして「家」の影響は、離婚の際も大きいです。欧州では、子供は、父親と母親の二人から生まれた個人だという共通認識があるため、親が離婚をしても「子供が両方の親と接点を持つこと」が認められています。暴力などの問題がない場合、離婚後の共同親権も多く見られます。
ところが日本の社会では、子供は夫婦が結婚している間こそ「父と母、そして『両家』の所有物」だととらえられていますが、離婚となると、親権を持った側の親、そして現状では多くの場合それは母親であるため、離婚後に子供は「母の『家』に入り、母の『家』の所有物」というふうに見られる傾向があります。日本ではよく「離婚したのだから、もう片方の親とは成人までは会えなくても仕方ない」というような声を耳にしますが、このように「仕方ない」と考えるのは、世間に「離婚の際にはもう一つの『家』とは縁が切れるのが当たり前」だという前提があるからではないでしょうか。
「連れ去り勝ち」という問題
その結果、日本で起きているのが「連れ去り勝ち」という問題です。つまり子供を連れ去った側の親が子供と二人で生活を始めてしまえば、後に連れ去られた側の親が裁判時に親権を求めても、「継続性の原則」で連れ去った側の親に有利になってしまうことが少なくありません。
先月12月20日に日本外国特派員協会(FCCJ)で行われた子の連れ去りに関する会見で、この問題に詳しい上野晃弁護士(弁護士法人日本橋さくら法律事務所)は「夫婦が別居すると、子供は別の家の所有物になり、侵害できなくなる」と話し、いったん配偶者に子供を連れ去られてしまうと、後に子供を取り戻すことがほぼ不可能となってしまっている現実について語りました。
上野弁護士の説明によると「片方の親が子供を連れて家を出て別居をする」という段階までは、法律はそれを「家庭内の問題」としてみなしますが、その後、もう片方の親が子供を取り戻そうと別居中のパートナーの元を訪れると、法律の上では「別の家の平穏な空間を害した」という判断をされてしまうのだそうです。つまり先に「連れ去ったほう」は違法にならないのに対し、子供を「取り戻そう」と家に行くなど行動を起こした側は逮捕される可能性もあります。
 子を連れ去られた外国人男性の記者会見
連れ去りが問題になっているのは日本人同士の夫婦に限らず、片方が日本人で片方が外国人のいわゆる国際結婚の家庭における連れ去りも近年問題になっています。FCCJの会見では、日本人の妻に子供を連れ去られたとして、イタリア人のトッマーソ・ペリナさんとフランス人のヴァンソン・フィショさんらも、日本の連れ去りの現状、及び日本での面会交流のむずかしさについて話しました。
両方とも日本在住の国際結婚の夫婦で、離婚していないにもかかわらず、日本国内で配偶者に子供を連れ去られ、希望しているにもかかわらず面会が中々かなわないと語りました。ヴァンソン・フィショさんが、3歳と1歳の子供たちに最後に会えたのは4か月前、トッマーソ・ペリナさんに関しては、2年前に妻が子供を連れて家を出てから同氏は子供に3回(合計5時間)しか会えていないと語り、日本のこの現状を広く知ってほしいと訴えました。

12月20日、FCCJ(日本外国特派員協会)で行われた会見の様子=サンドラ・ヘフェリン撮影
 国連の条約と矛盾する日本の法律
日本は2014年にハーグ条約に加盟しましたが、そもそも、その前の1994年、日本も国際条約「児童の権利に関する条約」(通称「子どもの権利条約」英語 United Nations Convention on the Rights of the Child)に批准しました。同条約の第9条「父母からの分離の防止」は子供には両方の親との交流を持つ権利があるとしていますが、残念ながら、この条約が日本の裁判に生かされているとは言いがたく、条約と日本国内の現状に大きな矛盾が生じています。
日本では裁判で親権が決定すると、親権を持つ側の親がそうでない側の片方の親に対して子への面会を拒否することが実質許されているのが現状であり、上野弁護士は「日本は実質子と親の引き離しを容認している」とし、「条約に基づいた国内の法律を国会で作ることが重要だ」と語りました。
 「ある日突然、親が自分の人生からいなくなる」
連れ去りは、当事者の子供にとっても心理的な負担であり、同会見で心理学博士の小田切紀子氏は、「心理学の面から見ても、子供は両方の親とかかわることが望ましく、子供がある日突然親と会えなくなるのは、子供にとってストレスである。心理的な側面からみると、子供の離婚時の連れ去りは虐待だといえる(ただし日本の法の上では児童の連れ去りは児童虐待にあたらない)」と語りました。小田切氏によると、親が突如自分の人生からいなくなることで、それがトラウマとなったり、人を信用できなくなるなどの悪影響があるとしています。
日本では「離婚をしたら、子供がかわいそう」という発言をよく聞きますが、ヨーロッパでは離婚を躊躇しない代わりに、親の離婚後も子は両親と交流を保ちます。平日は母親の家で過ごし、週末は父親の家で過ごすケース(もちろん逆も)もあり、親の恋愛問題に伴う「別れ」を子供にも共有させるのは間違っているという考えが主流です。
このように離婚後の子へのかかわり方については、文化的にも法の面でも、日本と他の先進国の間にはかなりの「温度差」があります。筆者は、基本的に夫婦やカップルの不仲は子供には関係がないので、親同士の不仲によって子が片方の親にアクセスできなくなることは避けるべきだと考えます。子供に会えない親、そして何よりも子供本人のためにも、早い解決が待たれます。

サンドラ・ヘフェリン
コラムニスト
ドイツ・ミュンヘン出身。日本歴20年。 日本語とドイツ語の両方が母国語。自身が日独ハーフであることから、「ハーフといじめ問題」、「バイリンガル教育について」など、「多文化共生」をテーマに執筆活動をしている。著書に「ハーフが美人なんて妄想ですから!!」(中公新書ラクレ)、「ニッポン在住ハーフな私の切実で笑える100のモンダイ」(ヒラマツオとの共著/メディアファクトリー)、「爆笑! クールジャパン」(片桐了との共著/アスコム)、「満員電車は観光地!?」「男の価値は年収より「お尻」!?ドイツ人のびっくり恋愛事情」(流水りんことの共著/KKベストセラーズ)など計12冊。ホームページ 「ハーフを考えよう!」を運営。
— 読み進める globe.asahi.com/article/12091076

子どもの利益か?:フィフィ、子連れ出勤推進に疑問「根本的に違う」 – 芸能 : 日刊スポーツ

タレントのフィフィ(42)が、“子連れ出勤”を推進する政府の方針に「根本的に違うよね?」と疑問を呈した。子連れ出勤を後押しするという政府の方針には、ネット上で… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。
— 読み進める www.nikkansports.com/m/entertainment/news/201902010000252_m.html

「自分の生き方をアピールするために、子供や周りを巻き込んでるように思うんです」と私見を述べ、「育児に限らず片方の権利を優先して、他の権利が守られないケースって、最近多くないですか?」とつづった。

6割の親は気づいていない? 便秘に苦しむ子どものための腸活6つのプログラム (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

6割の親は気づいていない? 便秘に苦しむ子どものための腸活6つのプログラム
2019.2.1 11:30AERA#AERAwithKids#ヘルス#出産と子育て#朝日新聞出版の本#読書
ジェイソン・ステイサムに相談だ。こんな時、あなたはどうする?
ワーナー ブラザース ジャパン
PR

朝1杯のお水を!(イラスト/Yuzuko) (11:30)AERA
写真を見る
拡大写真
排便の記録をすると意識も高まる(イラ…

AERA with Kids (アエラ ウィズ キッズ) 2018年 冬号 [雑誌] 朝日新聞出版
B07K138YV5
amazon.co.jp
最近、便秘の子どもが増えているのをご存知ですか? しかも、便秘が疑わしい子どもを持つ保護者の約6割が「うちの子は大丈夫」と思い込み、便秘の可能性に気付いていないという調査結果もあるようです。『AERA with Kids』(朝日新聞出版)冬号では、子どもの便秘について取材しています。

【専門家がすすめる他の腸活ポイントは?】

*  *  *
「子どもの便秘は親次第。これでは子どもが将来大腸の病気になりかねません」

こう話すのは、30年間で4万人の大腸内視鏡検査を実施してきた腸のエキスパート、松生恒夫(まついけ・つねお)先生です。

「ただでさえ現代の子どもの生活は、便秘になりやすい生活スタイルになっています。塾に通う子どもが増えて夜型の生活になりやすいこと、学校のトイレで排便をすることに抵抗があるなど、様々な背景があるようです。便秘になると勉強や遊びに集中できず、学校嫌いになってしまう子どももいるのです」

また、腸の状態が悪いと自律神経やホルモン系を介して脳にも影響があることが最近の研究で分かってきました。腸の状態をよくするためには、何よりも排便習慣が大事。食事の内容や生活習慣など、排便習慣は親の意識で改善できます。「あれ?」と思ったらすぐに生活全体を見直して、快適なお通じを心がけましょう。今回は松生先生おススメの「6つの腸活ポイント」をご紹介します。

(1)腸にいい食材を積極的に取り入れる
おススメの食材は、食物繊維が白米の約25倍含まれるもち麦や、納豆やみそなどの発酵食品、オリゴ糖が多いキウイなどの果物、また海藻やキノコ類といった食物繊維豊富な食材です。油なら小腸をやさしく刺激するオリーブオイルを。お通じをよくしてくれます。

(2)朝起きたら、お水かお茶を1杯飲む
空っぽの胃に飲食物が入ることで、「胃・結腸反射」が起こり、1日の中で最も強い蠕動(ぜんどう)運動が起こります。固形物よりも液体の方が素早い刺激になるので、飲み物の方がベター。便意が起きたらがまんせずにトイレへ。

— 読み進める dot.asahi.com/aera/2019013100014.html

不満や言いたいことが「怒り」になるわが子。どうしてそうなるの? | あんふぁんWeb

小1の娘が最近怒りっぽくて困っちゃう。何かっていうとすぐにつっかかってきて、そんな言い方しなくても…と思う、キツイ言動ばかり。あげく逆ギレされる始末。このままだと将来誰にも好かれないのではないかと心配…
— 読み進める enfant.living.jp/schoolchildren/houkago/691051/

フィフィ、千葉小4女児虐待死巡る報道に不快感「殺された女児の写真は出さないで欲しかった」 : スポーツ報知

タレント・フィフィ(42)が30日までに自身のツイッターを更新。千葉県野田市立小4年の女児が自宅浴室で死亡し、父親が傷害容疑で逮捕された事件を巡る報道について私見をつづった。 フィフィは28日の更新で「10歳女児が父親【芸能】
— 読み進める www.hochi.co.jp/entertainment/20190130-OHT1T50047.html

子どもの「自己肯定感」を高めるために大人がするべきことは? – アサジョ

「自分のことが好きになれない」「僕は(私は)恥ずかしい(ダメな)人」「きっとうまくできない」「誰かにとっての評価が全て(自分は自分、と自分の意見を強くもてない)」。こんな思いで過ごしていては、勉強でも… | アサジョ
— 読み進める asajo.jp/excerpt/66206

「先生、どうにかできませんか」 心愛さん、必死の訴え:朝日新聞デジタル

自宅で死亡した千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さんは、父親の栗原勇一郎容疑者(41)=傷害容疑で逮捕=の「いじめ」について、学校のアンケートで必死に助けを求めていた。 「お父さんにぼう力を受…
— 読み進める www.asahi.com/sp/articles/ASM106283M10UDCB018.html

子どものために出来ること

4月から入学する小学校は、この県東部で最大規模のマンモス校。児童総数1100名。
そのうち離婚家庭は3分の1弱が離婚しているとして350名の児童が片親。
そのうち6割が別居親に会えていないとすると、200名ちょっとが片親知らず。
片親知らずの子どもに対して、大人は何をしてあげられるのかと、そういう課題を提案する人はいないのだろうか。

私がやってみるか。

日本おわた。:「虚偽」DV認定、元夫が逆転敗訴 高裁「面会妨げた」認めず: 日本経済新聞

DV認定、元夫が逆転敗訴 高裁「面会妨げた」認めず
2019年1月31日 10:50 (2019年1月31日 11:30 更新)

元妻が申し出たドメスティックバイオレンス(DV)被害を警察が調査せずに認めたために子供と面会できなくなったとして、40代の男性が元妻と愛知県に計330万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が31日、名古屋高裁であった。永野圧彦裁判長は元妻と県に計55万円の賠償を命じた一審・名古屋地裁判決を取り消し、男性の請求を棄却した。男性が逆転敗訴した。

永野裁判長は判決理由で、愛知県警への相談状況などから「元妻が暴力を受けたと一応認められる」と指摘。DVの申告は面会の妨害が目的だったとはいえないと判断した。さらに「被害者を迅速に保護するDV防止法の趣旨に鑑みれば、県警は加害者とされる男性に対する法的義務を負っていない」と述べ、男性の主張を退けた。

2018年4月の一審判決は「DVがあったとの主張が事実無根とは言えないが、診断書もなく誇張された可能性がある」と指摘。面会を阻止する目的で元妻が被害を訴えたと判断し、必要な調査を怠ってDVと認めた県警の対応は違法だとしていた。原告と被告双方が控訴。その後、男性と元妻は離婚した。

一審判決によると、元妻は12年に子供を連れて別居。男性の申し立てを受けた家裁が子供との面会交流を命じたが、元妻は16年にDV防止法に基づく支援を求め、県警が「支援の要件を満たす」との意見書を作成。これを受けた自治体が住民基本台帳の閲覧を制限し、男性は子供との面会ができなくなった。
— 読み進める r.nikkei.com/article/DGXMZO40702060R30C19A1CN0000

子供を「お金で苦労しない人」に育てる方法 | 投資 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

最近、「子ども向けの金融教育が必要だ」という声をよく聞く。金融教育に関する書籍も出始め、実際、筆者にも講演の依頼が増えている。これ自体はとても好ましい傾向ではあるが、残念ながら「我が子には金融教育な…
— 読み進める toyokeizai.net/articles/-/262808

スマホを使用した育児が子どもに与える影響を小児科医が解説 (1) 10年前と今では子育て方法が違う | マイナビニュース

今や一人に1台の所持が当然のようになったスマートフォン。中には用途ごとに2台、3台を持ち歩いている人も珍しくない。ちょっとした仕事用のメールから、おいしいレストラン探し、さらには暇つぶしのための動画やゲームアプリなど、この「小さなパソコン」は私たちのさまざまなニーズに対応してくれる。
— 読み進める news.mynavi.jp/article/20190130-761909/

考え直したい「家」制度~「家」から「個人」を尊重する社会へ~:朝日新聞GLOBE+

ニッポンあれやこれや ~“日独ハーフ”サンドラの視点~
考え直したい「家」制度~「家」から「個人」を尊重する社会へ~
2019.01.28

ニッポンあれやこれや ~“日独ハーフ”サンドラの視点~
VIEW ALL
 先日、家族のしがらみについて書いた際に日本と欧州の共通点について書きましたが、家族という共同体を通して欧州と日本を比較する際、総合的にはやはり「違い」が目立ちます。夫婦のあり方など色んな違いがあるのですが、一番の違いはやはり「子供とのかかわり方」だと思います。もっというと「子供を持つ夫婦が離婚となった場合の『その後』の子供とのかかわり方」が一番の違いかもしれません。
 日本では当たり前とされている単独親権
親権を持たない親や、子供との交流が遮断されてしまった親が家裁への審判・調停を申し立て、子供の引き渡しや面会を求めるケースが日本では増加しています。民法第766条は親の離婚時に「子の利益を最も優先して考慮しなければならない」としています。
ところが日本は単独親権が主流であるため、たとえ離婚時に子との面会交流の取り決めが交わされても、親権を持った側の親(多くの場合、それは母親)が、親権を持たない親(多くの場合、それは父親)に後に面会をさせないケースも目立ちます。「面会をさせないこと」について明確な罰則はありません。それどころか詳しくは後述しますが、国内における「子の連れ去り」に関しても罰則はないのです。
日本は2014年にハーグ条約に加盟していますが、この条約は「子供は両方の親とかかわりを持つことが望ましい」という考え方を基盤としているため、ハーグ条約と日本の国内法の間に矛盾が生じています。世界の先進国は基本的に共同親権である国がほとんどであるのに対し、なぜ日本では単独親権のままなのでしょうか。
SPONSORED CONTENT
ウィルチェアーラグビー日本代表池崎大輔、元パラアイスホッケー日本代表上原大祐、スポーツジャーナリスト増田明美が語るパラスポーツの未来
三菱商事
 単独親権の根本にある「家」という考え方
日本では結婚を考える際、または子供を持つか持たないかを考える際に、欧米よりも「家」を優先した考え方が目立ちます。たとえば、ヨーロッパだと子供を持つか持たないかは完全に女性個人、またはカップルで決めますが、日本だと親の「孫の顔が見たい」という気持ちを汲み取ったり、「自分が一人っ子だから、自分が子を持たないと家が途絶えてしまう」「子供を持たないと、名前が引き継がれない(名前が途絶えてしまう)」といった具合に、「子」を前にすると「個人」や「カップル」に対する「家」の影響も大きいのでした。
そして「家」の影響は、離婚の際も大きいです。欧州では、子供は、父親と母親の二人から生まれた個人だという共通認識があるため、親が離婚をしても「子供が両方の親と接点を持つこと」が認められています。暴力などの問題がない場合、離婚後の共同親権も多く見られます。
ところが日本の社会では、子供は夫婦が結婚している間こそ「父と母、そして『両家』の所有物」だととらえられていますが、離婚となると、親権を持った側の親、そして現状では多くの場合それは母親であるため、離婚後に子供は「母の『家』に入り、母の『家』の所有物」というふうに見られる傾向があります。日本ではよく「離婚したのだから、もう片方の親とは成人までは会えなくても仕方ない」というような声を耳にしますが、このように「仕方ない」と考えるのは、世間に「離婚の際にはもう一つの『家』とは縁が切れるのが当たり前」だという前提があるからではないでしょうか。
「連れ去り勝ち」という問題
その結果、日本で起きているのが「連れ去り勝ち」という問題です。つまり子供を連れ去った側の親が子供と二人で生活を始めてしまえば、後に連れ去られた側の親が裁判時に親権を求めても、「継続性の原則」で連れ去った側の親に有利になってしまうことが少なくありません。
先月12月20日に日本外国特派員協会(FCCJ)で行われた子の連れ去りに関する会見で、この問題に詳しい上野晃弁護士(弁護士法人日本橋さくら法律事務所)は「夫婦が別居すると、子供は別の家の所有物になり、侵害できなくなる」と話し、いったん配偶者に子供を連れ去られてしまうと、後に子供を取り戻すことがほぼ不可能となってしまっている現実について語りました。
上野弁護士の説明によると「片方の親が子供を連れて家を出て別居をする」という段階までは、法律はそれを「家庭内の問題」としてみなしますが、その後、もう片方の親が子供を取り戻そうと別居中のパートナーの元を訪れると、法律の上では「別の家の平穏な空間を害した」という判断をされてしまうのだそうです。つまり先に「連れ去ったほう」は違法にならないのに対し、子供を「取り戻そう」と家に行くなど行動を起こした側は逮捕される可能性もあります。
 子を連れ去られた外国人男性の記者会見
連れ去りが問題になっているのは日本人同士の夫婦に限らず、片方が日本人で片方が外国人のいわゆる国際結婚の家庭における連れ去りも近年問題になっています。FCCJの会見では、日本人の妻に子供を連れ去られたとして、イタリア人のトッマーソ・ペリナさんとフランス人のヴァンソン・フィショさんらも、日本の連れ去りの現状、及び日本での面会交流のむずかしさについて話しました。
両方とも日本在住の国際結婚の夫婦で、離婚していないにもかかわらず、日本国内で配偶者に子供を連れ去られ、希望しているにもかかわらず面会が中々かなわないと語りました。ヴァンソン・フィショさんが、3歳と1歳の子供たちに最後に会えたのは4か月前、トッマーソ・ペリナさんに関しては、2年前に妻が子供を連れて家を出てから同氏は子供に3回(合計5時間)しか会えていないと語り、日本のこの現状を広く知ってほしいと訴えました。

12月20日、FCCJ(日本外国特派員協会)で行われた会見の様子=サンドラ・ヘフェリン撮影
 国連の条約と矛盾する日本の法律
日本は2014年にハーグ条約に加盟しましたが、そもそも、その前の1994年、日本も国際条約「児童の権利に関する条約」(通称「子どもの権利条約」英語 United Nations Convention on the Rights of the Child)に批准しました。同条約の第9条「父母からの分離の防止」は子供には両方の親との交流を持つ権利があるとしていますが、残念ながら、この条約が日本の裁判に生かされているとは言いがたく、条約と日本国内の現状に大きな矛盾が生じています。
日本では裁判で親権が決定すると、親権を持つ側の親がそうでない側の片方の親に対して子への面会を拒否することが実質許されているのが現状であり、上野弁護士は「日本は実質子と親の引き離しを容認している」とし、「条約に基づいた国内の法律を国会で作ることが重要だ」と語りました。
 「ある日突然、親が自分の人生からいなくなる」
連れ去りは、当事者の子供にとっても心理的な負担であり、同会見で心理学博士の小田切紀子氏は、「心理学の面から見ても、子供は両方の親とかかわることが望ましく、子供がある日突然親と会えなくなるのは、子供にとってストレスである。心理的な側面からみると、子供の離婚時の連れ去りは虐待だといえる(ただし日本の法の上では児童の連れ去りは児童虐待にあたらない)」と語りました。小田切氏によると、親が突如自分の人生からいなくなることで、それがトラウマとなったり、人を信用できなくなるなどの悪影響があるとしています。
日本では「離婚をしたら、子供がかわいそう」という発言をよく聞きますが、ヨーロッパでは離婚を躊躇しない代わりに、親の離婚後も子は両親と交流を保ちます。平日は母親の家で過ごし、週末は父親の家で過ごすケース(もちろん逆も)もあり、親の恋愛問題に伴う「別れ」を子供にも共有させるのは間違っているという考えが主流です。
このように離婚後の子へのかかわり方については、文化的にも法の面でも、日本と他の先進国の間にはかなりの「温度差」があります。筆者は、基本的に夫婦やカップルの不仲は子供には関係がないので、親同士の不仲によって子が片方の親にアクセスできなくなることは避けるべきだと考えます。子供に会えない親、そして何よりも子供本人のためにも、早い解決が待たれます。

サンドラ・ヘフェリン
コラムニスト
ドイツ・ミュンヘン出身。日本歴20年。 日本語とドイツ語の両方が母国語。自身が日独ハーフであることから、「ハーフといじめ問題」、「バイリンガル教育について」など、「多文化共生」をテーマに執筆活動をしている。著書に「ハーフが美人なんて妄想ですから!!」(中公新書ラクレ)、「ニッポン在住ハーフな私の切実で笑える100のモンダイ」(ヒラマツオとの共著/メディアファクトリー)、「爆笑! クールジャパン」(片桐了との共著/アスコム)、「満員電車は観光地!?」「男の価値は年収より「お尻」!?ドイツ人のびっくり恋愛事情」(流水りんことの共著/KKベストセラーズ)など計12冊。ホームページ 「ハーフを考えよう!」を運営。
— 読み進める globe.asahi.com/article/12091076

「単独親権制度は憲法違反」 異例の裁判、最高裁の判断に注目 – 毎日新聞

法相は制度見直し言及 虐待防止のため慎重論も  離婚した父母のどちらかのみが親権を持つ「単独親権制度」について、「親子間の断絶を生む」などとして憲法違反を訴える異例の裁判が最高裁まで争われている。欧米などでは双方が親権を持つ「共同親権制度」が主流で、法相は制度の見直しに言及。一方で虐待防止などの観点
— 読み進める mainichi.jp/articles/20190129/mog/00m/040/020000c

Log: 去年の暮れ、幼稚園の保護者会が主催するクリスマス会に出席した。 男性は役員の1人と私1人だった。 「子どもは片親だけで育てるべきでない。父親も子育児、子どもの教育にもっと関わろう。」 というメッセージを伝えていきたい。 子どもの周りの環境に身をもって働きかけようと思う。

去年の暮れ、幼稚園の保護者会が主催するクリスマス会に出席した。

男性は役員の1人と私1人だった。

「子どもは片親だけで育てるべきでない。父親も子育児、子どもの教育にもっと関わろう。」

というメッセージを伝えていきたい。

子どもの周りの環境に身をもって働きかけようと思う。

この本買いました:「親は子どものためのATMじゃないよ」をどうやって伝える? 大金持ちが教える子どもを育てる知恵袋 | ダ・ヴィンチニュース

ダ・ヴィンチニュースで『あなたと子どものお金が増える大金持ちの知恵袋30 (単行本)』(菅井 敏之/集英社)のあらすじ・レビュー・感想・発売日・ランキングなど最新情報をチェック!ビジネス,マネー,子育て,教育,経営,経済,貯蓄,貯金,金銭感覚
— 読み進める ddnavi.com/review/514932/a/

Close Menu
Close Panel