Main Category

子供を「お金で苦労しない人」に育てる方法 | 投資 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

最近、「子ども向けの金融教育が必要だ」という声をよく聞く。金融教育に関する書籍も出始め、実際、筆者にも講演の依頼が増えている。これ自体はとても好ましい傾向ではあるが、残念ながら「我が子には金融教育な…
— 読み進める toyokeizai.net/articles/-/262808

スマホを使用した育児が子どもに与える影響を小児科医が解説 (1) 10年前と今では子育て方法が違う | マイナビニュース

今や一人に1台の所持が当然のようになったスマートフォン。中には用途ごとに2台、3台を持ち歩いている人も珍しくない。ちょっとした仕事用のメールから、おいしいレストラン探し、さらには暇つぶしのための動画やゲームアプリなど、この「小さなパソコン」は私たちのさまざまなニーズに対応してくれる。
— 読み進める news.mynavi.jp/article/20190130-761909/

考え直したい「家」制度~「家」から「個人」を尊重する社会へ~:朝日新聞GLOBE+

ニッポンあれやこれや ~“日独ハーフ”サンドラの視点~
考え直したい「家」制度~「家」から「個人」を尊重する社会へ~
2019.01.28

ニッポンあれやこれや ~“日独ハーフ”サンドラの視点~
VIEW ALL
 先日、家族のしがらみについて書いた際に日本と欧州の共通点について書きましたが、家族という共同体を通して欧州と日本を比較する際、総合的にはやはり「違い」が目立ちます。夫婦のあり方など色んな違いがあるのですが、一番の違いはやはり「子供とのかかわり方」だと思います。もっというと「子供を持つ夫婦が離婚となった場合の『その後』の子供とのかかわり方」が一番の違いかもしれません。
 日本では当たり前とされている単独親権
親権を持たない親や、子供との交流が遮断されてしまった親が家裁への審判・調停を申し立て、子供の引き渡しや面会を求めるケースが日本では増加しています。民法第766条は親の離婚時に「子の利益を最も優先して考慮しなければならない」としています。
ところが日本は単独親権が主流であるため、たとえ離婚時に子との面会交流の取り決めが交わされても、親権を持った側の親(多くの場合、それは母親)が、親権を持たない親(多くの場合、それは父親)に後に面会をさせないケースも目立ちます。「面会をさせないこと」について明確な罰則はありません。それどころか詳しくは後述しますが、国内における「子の連れ去り」に関しても罰則はないのです。
日本は2014年にハーグ条約に加盟していますが、この条約は「子供は両方の親とかかわりを持つことが望ましい」という考え方を基盤としているため、ハーグ条約と日本の国内法の間に矛盾が生じています。世界の先進国は基本的に共同親権である国がほとんどであるのに対し、なぜ日本では単独親権のままなのでしょうか。
SPONSORED CONTENT
ウィルチェアーラグビー日本代表池崎大輔、元パラアイスホッケー日本代表上原大祐、スポーツジャーナリスト増田明美が語るパラスポーツの未来
三菱商事
 単独親権の根本にある「家」という考え方
日本では結婚を考える際、または子供を持つか持たないかを考える際に、欧米よりも「家」を優先した考え方が目立ちます。たとえば、ヨーロッパだと子供を持つか持たないかは完全に女性個人、またはカップルで決めますが、日本だと親の「孫の顔が見たい」という気持ちを汲み取ったり、「自分が一人っ子だから、自分が子を持たないと家が途絶えてしまう」「子供を持たないと、名前が引き継がれない(名前が途絶えてしまう)」といった具合に、「子」を前にすると「個人」や「カップル」に対する「家」の影響も大きいのでした。
そして「家」の影響は、離婚の際も大きいです。欧州では、子供は、父親と母親の二人から生まれた個人だという共通認識があるため、親が離婚をしても「子供が両方の親と接点を持つこと」が認められています。暴力などの問題がない場合、離婚後の共同親権も多く見られます。
ところが日本の社会では、子供は夫婦が結婚している間こそ「父と母、そして『両家』の所有物」だととらえられていますが、離婚となると、親権を持った側の親、そして現状では多くの場合それは母親であるため、離婚後に子供は「母の『家』に入り、母の『家』の所有物」というふうに見られる傾向があります。日本ではよく「離婚したのだから、もう片方の親とは成人までは会えなくても仕方ない」というような声を耳にしますが、このように「仕方ない」と考えるのは、世間に「離婚の際にはもう一つの『家』とは縁が切れるのが当たり前」だという前提があるからではないでしょうか。
「連れ去り勝ち」という問題
その結果、日本で起きているのが「連れ去り勝ち」という問題です。つまり子供を連れ去った側の親が子供と二人で生活を始めてしまえば、後に連れ去られた側の親が裁判時に親権を求めても、「継続性の原則」で連れ去った側の親に有利になってしまうことが少なくありません。
先月12月20日に日本外国特派員協会(FCCJ)で行われた子の連れ去りに関する会見で、この問題に詳しい上野晃弁護士(弁護士法人日本橋さくら法律事務所)は「夫婦が別居すると、子供は別の家の所有物になり、侵害できなくなる」と話し、いったん配偶者に子供を連れ去られてしまうと、後に子供を取り戻すことがほぼ不可能となってしまっている現実について語りました。
上野弁護士の説明によると「片方の親が子供を連れて家を出て別居をする」という段階までは、法律はそれを「家庭内の問題」としてみなしますが、その後、もう片方の親が子供を取り戻そうと別居中のパートナーの元を訪れると、法律の上では「別の家の平穏な空間を害した」という判断をされてしまうのだそうです。つまり先に「連れ去ったほう」は違法にならないのに対し、子供を「取り戻そう」と家に行くなど行動を起こした側は逮捕される可能性もあります。
 子を連れ去られた外国人男性の記者会見
連れ去りが問題になっているのは日本人同士の夫婦に限らず、片方が日本人で片方が外国人のいわゆる国際結婚の家庭における連れ去りも近年問題になっています。FCCJの会見では、日本人の妻に子供を連れ去られたとして、イタリア人のトッマーソ・ペリナさんとフランス人のヴァンソン・フィショさんらも、日本の連れ去りの現状、及び日本での面会交流のむずかしさについて話しました。
両方とも日本在住の国際結婚の夫婦で、離婚していないにもかかわらず、日本国内で配偶者に子供を連れ去られ、希望しているにもかかわらず面会が中々かなわないと語りました。ヴァンソン・フィショさんが、3歳と1歳の子供たちに最後に会えたのは4か月前、トッマーソ・ペリナさんに関しては、2年前に妻が子供を連れて家を出てから同氏は子供に3回(合計5時間)しか会えていないと語り、日本のこの現状を広く知ってほしいと訴えました。

12月20日、FCCJ(日本外国特派員協会)で行われた会見の様子=サンドラ・ヘフェリン撮影
 国連の条約と矛盾する日本の法律
日本は2014年にハーグ条約に加盟しましたが、そもそも、その前の1994年、日本も国際条約「児童の権利に関する条約」(通称「子どもの権利条約」英語 United Nations Convention on the Rights of the Child)に批准しました。同条約の第9条「父母からの分離の防止」は子供には両方の親との交流を持つ権利があるとしていますが、残念ながら、この条約が日本の裁判に生かされているとは言いがたく、条約と日本国内の現状に大きな矛盾が生じています。
日本では裁判で親権が決定すると、親権を持つ側の親がそうでない側の片方の親に対して子への面会を拒否することが実質許されているのが現状であり、上野弁護士は「日本は実質子と親の引き離しを容認している」とし、「条約に基づいた国内の法律を国会で作ることが重要だ」と語りました。
 「ある日突然、親が自分の人生からいなくなる」
連れ去りは、当事者の子供にとっても心理的な負担であり、同会見で心理学博士の小田切紀子氏は、「心理学の面から見ても、子供は両方の親とかかわることが望ましく、子供がある日突然親と会えなくなるのは、子供にとってストレスである。心理的な側面からみると、子供の離婚時の連れ去りは虐待だといえる(ただし日本の法の上では児童の連れ去りは児童虐待にあたらない)」と語りました。小田切氏によると、親が突如自分の人生からいなくなることで、それがトラウマとなったり、人を信用できなくなるなどの悪影響があるとしています。
日本では「離婚をしたら、子供がかわいそう」という発言をよく聞きますが、ヨーロッパでは離婚を躊躇しない代わりに、親の離婚後も子は両親と交流を保ちます。平日は母親の家で過ごし、週末は父親の家で過ごすケース(もちろん逆も)もあり、親の恋愛問題に伴う「別れ」を子供にも共有させるのは間違っているという考えが主流です。
このように離婚後の子へのかかわり方については、文化的にも法の面でも、日本と他の先進国の間にはかなりの「温度差」があります。筆者は、基本的に夫婦やカップルの不仲は子供には関係がないので、親同士の不仲によって子が片方の親にアクセスできなくなることは避けるべきだと考えます。子供に会えない親、そして何よりも子供本人のためにも、早い解決が待たれます。

サンドラ・ヘフェリン
コラムニスト
ドイツ・ミュンヘン出身。日本歴20年。 日本語とドイツ語の両方が母国語。自身が日独ハーフであることから、「ハーフといじめ問題」、「バイリンガル教育について」など、「多文化共生」をテーマに執筆活動をしている。著書に「ハーフが美人なんて妄想ですから!!」(中公新書ラクレ)、「ニッポン在住ハーフな私の切実で笑える100のモンダイ」(ヒラマツオとの共著/メディアファクトリー)、「爆笑! クールジャパン」(片桐了との共著/アスコム)、「満員電車は観光地!?」「男の価値は年収より「お尻」!?ドイツ人のびっくり恋愛事情」(流水りんことの共著/KKベストセラーズ)など計12冊。ホームページ 「ハーフを考えよう!」を運営。
— 読み進める globe.asahi.com/article/12091076

「単独親権制度は憲法違反」 異例の裁判、最高裁の判断に注目 – 毎日新聞

法相は制度見直し言及 虐待防止のため慎重論も  離婚した父母のどちらかのみが親権を持つ「単独親権制度」について、「親子間の断絶を生む」などとして憲法違反を訴える異例の裁判が最高裁まで争われている。欧米などでは双方が親権を持つ「共同親権制度」が主流で、法相は制度の見直しに言及。一方で虐待防止などの観点
— 読み進める mainichi.jp/articles/20190129/mog/00m/040/020000c

Log: 去年の暮れ、幼稚園の保護者会が主催するクリスマス会に出席した。 男性は役員の1人と私1人だった。 「子どもは片親だけで育てるべきでない。父親も子育児、子どもの教育にもっと関わろう。」 というメッセージを伝えていきたい。 子どもの周りの環境に身をもって働きかけようと思う。

去年の暮れ、幼稚園の保護者会が主催するクリスマス会に出席した。

男性は役員の1人と私1人だった。

「子どもは片親だけで育てるべきでない。父親も子育児、子どもの教育にもっと関わろう。」

というメッセージを伝えていきたい。

子どもの周りの環境に身をもって働きかけようと思う。

この本買いました:「親は子どものためのATMじゃないよ」をどうやって伝える? 大金持ちが教える子どもを育てる知恵袋 | ダ・ヴィンチニュース

ダ・ヴィンチニュースで『あなたと子どものお金が増える大金持ちの知恵袋30 (単行本)』(菅井 敏之/集英社)のあらすじ・レビュー・感想・発売日・ランキングなど最新情報をチェック!ビジネス,マネー,子育て,教育,経営,経済,貯蓄,貯金,金銭感覚
— 読み進める ddnavi.com/review/514932/a/

男女の「結婚観」は平成の間でこうも変わった | ソロモンの時代―結婚しない人々の実像― | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

平成もあと数カ月で終わろうとしています。平成の30年間とは、いったいどんな時代だったのでしょうか? 今回は、平成の30年間の人口や婚姻などの各種データを振り返り、平成という時代について考えてみたいと思い…
— 読み進める toyokeizai.net/articles/-/261817

「定額おこづかい」はNG!わが子が将来貧乏になる親のしつけ – 新刊JP

「我が子にはお金で苦労させたくない」というのは、子を持つ親なら誰でも願うこと。特に自分がお金に困った経験があればなおさら我が子には経済的に豊かになってほしい気持ちが強いはず。

お金を増やす方法は「稼ぐ」「貯める」「運用する」「もらう」の4つ。この4つのお金のスキルを我が子に授けるために、親はどんな子育てをすればいいのだろうか。

元メガバンクの支店長であり、マネーリテラシ―についての著作を持つ菅井敏之さんは、著書『あなたと子どものお金が増える大金持ちの知恵袋30』(集英社刊)で、子どもへの「お金の教育」に言及している。
— 読み進める www.sinkan.jp/news/9079

先輩ママたちが「子どもにこれだけはしつけておくべき」と思うこと6つ | CHANTO

子どもが公共の場で騒いでいる姿を見ると、親のしつけがなっていないと感じる人も多いのではないでしょうか。子どものしつけがしっかりできていないと、子どもが大人になって苦労することもあります。ここでは子育て経験のある先輩ママたちが感じている、親として子どもに最低限しつけておくべきことについて紹介していきます。 ■あいさつをする 人とのコミュニケーションをはかる上で、まず大切になってくるのがあいさつです。朝のあいさつから別れのあいさつ、感謝や謝罪の意を伝えるときもあいさつは重要になってきます。
— 読み進める chanto.jp.net/communication/child/60154/

アドラーが考える「子どもを育てる上で大切なこと」 – 新刊JP

アドラーが考える「子どもを育てる上で大切なこと」
2019年1月21日 14時配信

子どもの心が正しく成長するために大事なことは何か。そのひとつが、周りの大人たちが子どもを甘やかさないことだろう。

では、甘やかされた子どもたちはどう成長するのか。そして、そうならないためには、どうしたらいいのか。

『生きる意味 人生にとっていちばん大切なこと』(長谷川早苗翻訳、興陽館刊)は、アドラー心理学の創始者であるアルフレッド・アドラーが、「甘やかされた子どもたちはどう成長するのか」「母親と父親が子どもの成長に影響を与えることとは」「人生の意味とは何か」などについて、細かく明確な分析を行いながら「人生の意味」に迫る一冊だ。

人間を測る唯一の尺度は「人類の避けられない問いに対してどう行動するか」だとアドラーは考える。この「問い」とは、社会、仕事、愛にどう向き合うか、ということだ。

この向き合い方で重要なことは何か。それは、子どもの頃のライフスタイルだという。
生まれつきの能力の影響、そして環境と教育の影響が、子どもの成長の土台となっているからだ。この時期から甘やかされてしまうと、自ら人生の問いを解き、幸福になることから遠ざかってしまうとアドラーは指摘する。

そのライフスタイルの中で、個人が人生を通してどう考え、感じ、行動するかが見つかってくる。そのため、甘やかされた子どものスタイルは、たいてい外部から援助が確実に得られる状況で生じている。

そうならないようにするには、家族は子どもを対等の協力者として扱い、仲間になるよう手ほどきをすることで、家族に協力するように促していくことが大切だ。
母親が過剰に子どもを可愛がり、子どもの態度や思考、さらに会話にも協力を求めずにいると、何でも誰かにしてもらおうと期待するようになる。こうなると、いつも自分が中心で、他人を使おうとする人間になってしまうのだ。

ただし、甘やかされた人物が、人生の成功を得ることができないわけではないともアドラーは言う。成功できるのは、事態を克服し、失敗から学んできた人。なので、甘やかされてきた人の治療や更生には、精神を磨きつつ、失敗はライフスタイルから生まれたとわからせていくしかない。
さらに大事なのは予防。家族、とくに母親が、子どもへの愛情を甘やかしの域まで進めてはいけないということを理解する必要があるとアドラーは述べている。
— 読み進める www.sinkan.jp/news/9070

「マツコの知らない世界 読み聞かせ絵本の世界」で紹介された絵本8冊はこちら! | 絵本ナビスタイル

マツコ・デラックスさんがあらゆるジャンルのゲストとガチトークする人気番組「マツコの知らない世界」。先日(2019年1月22日)に放送された特集は「読み聞かせ絵本の世界」でした! 絵本は子どもと楽しむものだと考え、自宅に約1500冊の絵本を所
— 読み進める style.ehonnavi.net/news/2019/01/23_164.html

子供をキツく叱り過ぎた後遺症…その怖すぎる末路 | CHANTO

「叱りすぎ」で子供の心が歪むんじゃないかと気になりつつ、どうしても叱るのをやめられないというママのお悩みが年々増えています。ここでは、ママの体験談から「叱りすぎ」がどんな後遺症や弊害をもたらすのか、聞き取り調査してみました。
— 読み進める chanto.jp.net/childcare/education/70619/

【ファイナンシャルプランナー監修】足し算、引き算を覚えたら「おこづかい学習」を始めよう! (小学館HugKum)

【ファイナンシャルプランナー監修】足し算、引き算を覚えたら「おこづかい学習」を始めよう!
おこづかい学習は小学校1年生ごろから
お金の上手な使い方は、おこづかいを通して子どもに教えることができます。 数の概念やたし算、ひき算を覚えた小学校1年生ごろが始めどきです!

まず初めに、子どもに伝えておきたい「お金」のこと
親が働いているからもらえる
給料日やボーナス日は子どもにも伝えることが大切。「働いた分だけお金がもらえる」ことを教えましょう。

使ったらなくなる
「お金がなくなったら、何も買えなくなる」ことをおこづかいを通して経験させ、学ばせましょう。

お金で買えないものもある
手伝い=報酬ではなく「手伝ったらママが喜んでくれた」ことをうれしいと感じるように仕向けましょう。

おこづかいは金銭の基礎トレーニング
「欲しがっていたおもちゃを買ってあげたのに、大事にしない」といった話はよく聞かれます。なぜおもちゃを手に入れることができたのかを子どもが理解していないからです。
欲しいものが買える仕組みは、「おこづかい」を通して学習することができます。親の目が行き届く1年生のうちに、お金の使い方の基本をお子さんに学ばせましょう。

子どもの成長に合わせてお金の管理も任せよう
「1年生にお金の管理を任せるのは、まだ早いのでは…!?」という意見もありますが、何事もまずは経験させることが大切です。そのかわり、「失敗はつきもの」だと思っていればいいのです。
失敗した経験は「こうすればいいのだ」と子ども自身が学ぶきっかけとなるのです。

<準備>おこづかいを始める前に!
お金の使い方のルールは、家族で話し合います。 まずは、少ない額から無理なく始めましょう。

ルールや約束を家庭で話し合う
おこづかいは子どもにお金の管理を任せ、やりくりの学習をさせるためのもの。お金を管理させる以上、まずは家族で使い方のルールについて話し合いましょう。
「買ったものを記録する」ことは、お金のやりくりを学習するために必須です。
また「友だちにお金を貸したり、借りたりしない」「友だちに買ってあげたり、買ってもらったりしない」といった、金銭トラブルを防ぐためのルールも教えておきたいですね。

金額を決める
最初は「おこづかいの準備期間」ととらえ、まずは100円程度の少ない額から始めましょう。 「欲しいもの」だけを買うようにして様子をみます。 慣れてきたら、子どもの能力に合わせて使う金額を決めます。その際、おこづかいで買うものの範囲を決めることで、金額もおのずと決まりますね。
また、おこづかいを与えるのは月1回がおすすめです。毎週だと「あと何日かでもらえるから使ってしまおう」と考えるようになり、計画性が育ちにくくなります。

おこづかい学習に必要な4アイテムをそろえよう
おこづかい学習を始めるにあたり、左の4つをそろえましょう。とくに財布や貯金箱は、子どもといっしょに買いに行き、お気に入りを見つけてあげてくださいね。

1.さいふ
1、子どもの手に収まりやすい小銭入れのようなものがおすすめ。

2.貯金箱
子どもの意思で「お金を取っておく」ことを習慣化させることができます。

3.おこづかい帳
買ったものを記録し、月に一度は親子で上手に使えたか振り返りましょう。

4.口座
お年玉など大きな額の貯金用に口座をつくりましょう。キャッシュカードは預かりましょう。

<実践>おこづかい学習スタート!
おこづかいを与えたら、どのように使うかは子どもに任せ、定期的に親子でチェックしましょう。

買う前に「必要なもの」か「欲しいもの」か考える習慣をつける
お金のやりくりの練習をさせるなら、おこづかいで買うものに、欲しいものだけでなく必要なものも少しだけ含めるとよいでしょう。

おこづかい帳をつける
おこづかいを与えるにあたり、子どもに必ずしてもらいたいのが、おこづかい帳をつけること。できれば高学年までには習慣づけておきたいですね。
おこづかい帳は、おうちの人が必ず目を通しましょう。何に使ったか、どう使ったかを確認することは、子どもの生活を知るうえでも大切です。左のポイントを確認し、親子で話し合いましょう。

月に一度は親子でチェック!!
□ 残高は合っている?
□ 買ってよかったものは?
□ いらなかったものは?
□ ルールは守れた?
□ 次に気をつけることは?
お年玉は「貯金のトレーニング」!子ども専用の口座でお年玉を管理
お年玉をもらったら、まずは貯金。子どもと銀行へ行き、子ども名義の口座をつくりましょう。すでに将来のための通帳がある場合は、お年玉など高額なおこづかい専用の通帳を新たにつくります。貯金した後、子どもが必要に応じて使えるようにします。
「通帳の残高が増えるとうれしい」と思えるようになるといいですね。

こんなときは…!?おこづかい”あるある”Q&A
おこづかいにまつわる”あるある”なシチェーションでの対処のしかたを紹介します。

Q-1 おばあちゃんから子どもに高額なおこづかいをもらった
A 気持ちよくいただき、買ったものを報告しましょう

おばあちゃんの孫を思う気持ちですから、ありがたくいただきましょう。まず貯金tをしてから、子どものために買ったものを報告しましょう。

Q-2 「友だちにお菓子を買ってもらった」と言っている
A 自分で働けるようになってからだと教えましょう

買ってもらったり、買ってあげたりするのは、自分で働いてお金を得るようになってからだと教えましょう。相手の親にも事情を話し、代金を子どもといっしょに返しに行きましょう。

Q-3 「手伝いをしたからお金をちょうだい」と言われた
A わが家の方針を再確認しましょう

毎月おこづかいを与えているのであれば、あげる必要はありません。手伝いは「家族の一員としての役割」であって、それも含めてのおこづかいなのだということを伝えましょう。

Q-4 「ゲームソフトをお年玉で買ってもいい?」と相談された
A   買う前に必ず貯金し、通帳に記録してから

子どもが自分で考えて決めたのなら、許可してもよいでしょう。ただし、買う前にまずお年玉を貯金し、通帳に記録することが大切です。

Q-5 旅行先でお菓子やおみやげを買いたがる
A「特別おこづかい」を与えて自分でやりくりさせましょう

旅行先で「あれ買って」などと言われると、つい財布のひもが緩みがちに。子どもがやりくりに慣れてきたら、おやつや飲みものなどを買うための「特別おこづかい」を与えてみましょう。

グッとこらえて!買ったものに文句は言わないようにしよう
子どもがお金をもったら、最初は大喜びで、親からすれば明らかに不必要なものを買ってしまうこともあるでしょう。けれど、「またこんなものを買って!」などと、子どもが買ったものに文句を言わないようにすることが大切です。
そして、必要なものが買えなくなったりしても「なぜだろう?」と自分で考えさせること。失敗も成長の過程ととらえて、あたたかく見守りましょう。

— 読み進める web.smartnews.com/articles/fznmXp4sEXD

少子化対策に必要:男性の育児休業「会社で前例がなく、なかなか取りづらい…」 – ネタりか

ネタりかでは芸能ニュースやおもしろネタ、人気の画像や動画を多数掲載。芸能、恋愛、ファッション、旅行、グルメ、映画・音楽、アニメや役立つ裏ワザの情報を紹介。人気の最新まとめ・画像・動画・コラムはネタりか
— 読み進める netallica.yahoo.co.jp/news/20190123-02468902-cityliving

反抗期が来る前に、子どもに伝えておきたい大事なこと【ジョビィキッズ「わが子のやる気の育て方」・8】 | Hanako ママ web

芦田愛菜ちゃん、鈴木梨央ちゃん、寺田心くん所属 No.1子役タレント事務所 ジョビィキッズの子育てメソッドを公開! 芦田愛菜ちゃん、鈴木梨央ちゃん、寺田心くんをはじめとする子役タレントをドラマ・映画・CMなどに続々と送り出している子役タレント事務所・ジョビィキッズ。 子どもたちの“やる気”、“自信”、“素直な心”、“折れない心”、“個性”を育てるためのジョビィキッズの子育てメソッドを集めた書籍『わ…
— 読み進める hanakomama.jp/topics/65848/

小学校入学までに、できるようになっていたいこと7つ| たまひよ

勉強や給食が始まる、ひとりで学校に行く…。小学校は、これまで通っていた園とは環境が大きく変わります。春からの新生活を毎日楽しく送るために、子どもは、どんなことができるようになっていればよいのでしょうか。入学前の子を持つ親としての心構えについても、解説します!「たまひよ」では、妊娠から出産、育児までの情報を解説し、安心して妊娠や出産、育児ができるようにママやパパをサポートします。
— 読み進める st.benesse.ne.jp/ikuji/content/

りゅうちぇるの「”全力すぎる”絵本読み聞かせ」に思わず心が温まった! | CHANTO

昨年12月、タレントのりゅうちぇるさんが自身のTwitterを更新。息子のリンクくんに絵本を読み聞かせする動画を公開し、「こんなに全力で絵本読んでくれるパパ素敵!」と話題になっています。
— 読み進める chanto.jp.net/childcare/education/69435/

「読み聞かせをしてよかったことは?」との質問では、「親子の触れ合いやコミュニケーションが深まった」(91.4%)、「子どもが絵本好きになった」(86.2%)、「子どもの成長に気づく機会が増えた」(82.0%)という回答がトップ3に。

やはり読み聞かせは、親にとっても子どもに大切なコミュニケーションツールのようですね。

イマドキの小学生は「働く親」に対して何を感じてる?|@DIME アットダイム

幼い頃、「働く親」の姿を見て憧れていた人もいるのでは?今回はアイデムが発表した『小学5~6年生のキャリア観に関する意識調査』の結果を紹介しよう。果たして、現代の子供たちは「働く親」に対して何を感じ…
— 読み進める dime.jp/genre/650749/

大人に聞いた「子供との会話時間」との関係を見ると、有職の男性で子供との会話時間が長くなるほど、子供は「あんな大人になりたい・計」が高くなる傾向がある。父親と過ごす時間が多いことで、父親の仕事や考えに触れる機会が増え、憧れにつながっているように思われる。

🌟親子時間共有参加者募集!!:小学校に上がるくらいになると、親と過ごすより、同じ年頃の友達と遊びたくなって面会交流を嫌がる時ってありませんか?!

🌟親子時間共有参加者募集!:小学校に上がるくらいになると、親と過ごすより、同じ年頃の友達と遊びたくなって面会交流を嫌がる時ってありませんか?!それは自然な子どもの意見で、無理やり友達からの誘いを断らせるのも難しいことだと思います。そういった時に、別居親にも、同じ年ぐらいの子どもを持つ親友(オヤトモ)がいると、子どもも学校以外の友達ができて、より楽しい時間を過ごせると思います。首都圏にお住まいの別居親さんで、一緒に面会交流をしても良いとお考えの方、いらっしゃいましたら、ご一報くださいませ。

LOG:2019/01/19 至福の時間。朝スイミングスクールの前でママが息子を車から降ろし、バスで来たパパがスイミングに付き添う。小学校に上がったら自転車で息子1人で通うのだろうか。小さい子には小さい子への愛情のかけ方がある。今だから、子どもにとって必要なこと。親が子どもにしてあげたいこと。いま子どもとのこの時間を大切にしよう。

一緒にいてあげること。そして少しづつ子どもが、親から離れて行くこと。一瞬一瞬を大切に一緒にすごそう。

DV被害者、地元で守る 加害者対応含む支援、熊本県が計画策定 – 毎日新聞

配偶者などからの暴力(ドメスティックバイオレンス=DV)を受けた被害者が、加害者のいる自宅や同じ生活圏に戻っても再び被害に遭わずに生活できるよう、全国で初めて、加害者への対応を含む見守り支援のガイドライン作りに熊本県が取り組んでいる。
— 読み進める mainichi.jp/articles/20181223/k00/00m/040/125000c.amp

子どもにヘルシーなおやつを食べさせたいとき、すぐできるアイデア | ライフハッカー[日本版]

学校から帰るなり、おやつをねだる息子。私が何かしら(たいていは前日もしくは前々日に選んだもの)を提案するも、息子は即座に拒否。私がすべての案を出し尽くしたあとにそれに戻ることはあるものの、最初の提案でYesということはまずありません。全選択
— 読み進める www.lifehacker.jp/2019/01/182997encourage-healthy-habits-with-a-snack-drawer.html

「負けず嫌いでオタクっぽい?」男の子の育て方 パパの心得| たまひよ

男の子は、元気で明るく活発。そんなイメージを持つ人は少なくありません。しかし、イメージ通りのこともあれば、イメージと異なることもあります。同性ながら、どうやって育児をすればいいのかわからないというパパも多いでしょう。これから男の子が生まれてくる予定のプレパパ。「たまひよ」では、妊娠から出産、育児までの情報を解説し、安心して妊娠や出産、育児ができるようにママやパパをサポートします。
— 読み進める st.benesse.ne.jp/ikuji/content/

子どもへの性教育、何歳から? 子どもに読ませたい性教育の絵本| たまひよ

1947年(昭和22年)1月15日、日本初のヌードショーが開演されました。東京・新宿にあった帝都座で行われたショーは、裸体画に見立てた“額縁ショー”で、ステージ上に大きな額縁をつくり、その額縁の中で裸体の女性が現れるものだったとか。劇場は常に満員御礼で大盛況だったそうです!「たまひよ」では、妊娠から出産、育児までの情報を解説し、安心して妊娠や出産、育児ができるようにママやパパをサポートします。
— 読み進める st.benesse.ne.jp/ikuji/content/

頑張ってほしい:父「児相に落ち度」県提訴へ 16年の秋田市小4女児殺害|秋田魁新報電子版

2016年に秋田市のアパートで小学4年の女児=当時(9)=が母に殺された事件を巡り、母子を担当した県中央児童相談所(秋田市)の対応に落ち度があったとして、児相を所管する県に対し、県南部に住む女児の父…
— 読み進める www.sakigake.jp/news/article.jsp

子どもの意思:子どもが自分の意見を言わなくなるのは、親の接し方に原因が【ジョビィキッズ「わが子のやる気の育て方」・6】 | Hanako ママ web

親はもしかしたら、子供を自分の所有物にするところがあって、真っ直ぐに向き合うことが少ないのかもしれませんね。しっかりわが子と話をする親も少ない気がします。親は子供のことを一番知っているのは自分だと思っているかもしれませんが、それは赤ちゃんだった時のことだけ。
— 読み進める hanakomama.jp/topics/65821/

晩婚化・非婚化と少子化について:『少子化論―なぜまだ結婚、出産しやすい国にならないのか』 – 脱社畜ブログ

こちらのニュースを見て、そういえば少し前に、少子化について下記の本を読んだことを思い出した。 少子化論―なぜまだ結婚、出産しやすい国にならないのか 作者: 松田茂樹 出版社/メーカー: 勁草書房 発売日: 2013/04/01 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (21件) を見る 少子化について書かれた本は少なくないが、その中でも本書はファクトベース、統計に基づいた議論をすることに終始しており、そういう点で少子化について考える上で基本書にしてよい本である。 少子化の原因について、よく言われるのが「女性の社会進出とそれに伴う仕事と子育ての両立困難」というもので、これはたしかにひとつのファ…
— 読み進める dennou-kurage.hatenablog.com/entry/2019/01/14/122053

子どもにテレビを見せるべきではない? あるお母さんの相談に賛否の声 | CHANTO

幼児期の子どもはなんでも吸収して親を驚かせてくれます。しかし時には、あまり良くないことも覚えてしまう場合が。実は最近、「子どもにテレビを見せたくない」というお母さんの相談が物議を醸しているようです。
— 読み進める chanto.jp.net/childcare/education/67945/

絶え間ない口論や喧嘩を、建設的な議論に変えるための5つの方法 | ライフハッカー[日本版]

恋人やパートナー、配偶者と喧嘩していると、「二度と喧嘩をしない」という期待はできなくなります。今回は、喧嘩を絶え間ない口論ではなく、建設的な議論にする方法をお教えします。まず最初に、喧嘩をしている時、特に大事な人が相手の場合は、頭は冷静な判
— 読み進める www.lifehacker.jp/2019/01/how-to-argue-better-with-your-partner.html

「パパはどうして仕事するの?」と子供に聞かれたら? “働く意義”を伝える3つの方法 | FQ JAPAN 男の育児online

「パパはどうして仕事ばかりなの?」「たまには遊んでよ!」子供からこんな風に言われた経験はないだろうか。もちろん家族は大事だが、妻と子供を守るためなら、仕事も同じくらい大切。子供に働くことの意義を理解してもらうために、父親ができることとは?
— 読み進める fqmagazine.jp/81878/education-field/

Close Menu
Close Panel