Main Category

子どもに教えたい、障害を持つ人と、その家族への接し方 | ライフハッカー[日本版]

子どもは好奇心でいっぱいです。それ自体はすばらしいことです。しかし、子どもはまだ社会的合図をきちんと読み取ることができません。そのせいで、ときどき親をまごつかせることがあります。善意でも「じっと見ちゃダメ」は人を傷つけるDaniel T.
— 読み進める www.lifehacker.jp/2018/10/do-this-when-your-kid-stares-at-people-with-disabilitie.html

Continue Reading

相談「店で子供がオモチャを欲しがって大泣きします。どうすればいいでしょうか?」 に寄せられたオモチャ屋店主からの答えが人気 | ロケットニュース24

買って〜! 買って、買って、買って〜〜〜〜〜〜!!! オモチャ売り場やお菓子売り場で大泣きする子供。その場に遭遇したことがある人、あるいは、自分がまさにそんな子 …
— 読み進める rocketnews24.com/2018/10/09/1124202/

Continue Reading

Log 久しぶりに息子とお泊まりをして、帰り際、彼がボソッと言った。「パパの家に泊まるのは、なんで少ないの?」僕は、嬉しいけれど戸惑った。「ママに相談してみよう。もっと泊まれるといいね」と答えた。

Log:久しぶりに息子とお泊まりをして、帰り際、彼がボソッと言った。「パパの家に泊まるのは、なんで少ないの?」僕は、嬉しいけれど戸惑った。「ママに相談してみよう。もっと泊まれるといいね」と答えた。

Continue Reading

LOG 茨城県自然史博物館へ男2人でGo!2年前に来たことを息子は覚えていた。あの時は、ママが彼を連れ去る前の最後の行楽だった。僕はまだ婚姻が継続できると信じてた。

LOG:茨城県自然史博物館へ男2人でGo!2年前に来たことを息子は覚えていた。あの時は、ママが彼を連れ去る前の最後の行楽だった。僕はまだ婚姻が継続できると信じてた。

Continue Reading

Log:今日は運動会でした。みんな疲れた帰り際 、「息子はパパのところに帰りたい 」と言い、ママは今日は疲れたから帰ろうと意見が割れました。

今日は運動会でした。みんな疲れた帰り際 、「息子はパパのところに帰りたい 」と言い、ママは今日は疲れたから帰ろうと意見が割れました。「自分も疲れたからママの家に帰れば」とママに合わせましたが、息子は「嫌だパパの家に行く」と言って聞かない。ママが切れて、「もういいママは帰る」と怒って言って去って行きました。息子はシクシク泣いて自分に抱きついてきました。 大丈夫だよ、ママに話をしておくからと言って泣き止みました。

その後、ママに電話して「パパの家に行くよ」と言いました。「迎えにはいかないから、送って。」と彼女。僕は承諾しました。いつも迎えに家まで来てくれるから、カーシェアを利用して家まで送ろう。

Continue Reading

子どもの尊厳を守る必要性。親からの躾にも節度を持って:体罰や暴言は教育的に「有害」人格形成への影響や脳の変形も – ライブドアニュース

体罰や暴言による指導は、教育効果がないどころか逆に有害だと専門家は語る。近年の研究で、体罰や暴言によって脳が変形することも明らかになったという。体罰による脳領域の萎縮は、問題行動やうつ病に似た症状を招きやすいそう
— 読み進める news.livedoor.com/lite/article_detail/15404169/

Continue Reading

子どもが親に会えない不自然さ:子どもの前で夫を刺した妻の後悔「あなたたちを愛している」 – ライブドアニュース

子どもの前で夫を刺した妻の後悔を、週刊女性PRIMEが伝えている。釈放後に子どもと会えたのは1回だけで、その後は離婚し親権も渡したという。「あなたたちのことを愛していると、ただそれだけを伝えたい」と語った
— 読み進める news.livedoor.com/lite/article_detail/15399100/

Continue Reading

イイネ!:離婚後の子どもの親権は誰のものに? 法務省が親権制度の見直しを検討: mammemo

ライフスタイル・子育てからファッション・ビューティまで生活をより豊かにしたいすべてのママに向けたニュースサイトです。ママに役立つ情報を常に発信するライターたちが、日常のちょっとした疑問や実用的な情報を読者視点で紹介していきます。
— 読み進める www.mammemo.net/article/460996588.html

Continue Reading

これは正しい判決。当たり前だけど:こども園「幼児の声、不快ではない」住民側敗訴 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

愛知県豊田市浄水町の「浄水ひかりこども園」の近隣住民ら4人が、園児らの騒音により健康被害を受けたなどとして、運営する社会福祉法人「正紀会」に防音設備の設置と計600万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が28日、名古屋地裁岡【社会】
— 読み進める www.yomiuri.co.jp/national/20180929-OYT1T50016.html

Continue Reading

男性に対して偏見を持ってしまう:親が離婚した子はどう育つ?「男性はエイリアン。家にいる姿を想像できない」 « 女子SPA!

子どものいる夫婦でも、互いの事情でそれぞれ別の道を選ぶことは珍しくありません。ただ、子どもに“両親の離婚”がどう影響するのかは、気になる親御さんも多いようです。子どもは、離婚後の両親、そして自身の恋愛や結婚をどう感じているのでしょうか?2歳で両親が離婚し、母親に引き取られた三浦智美さん(仮名・37歳)にお話を伺いました。
— 読み進める joshi-spa.jp/877055

Continue Reading

子どもが進んで本を読みたくなる、ちょっとした工夫 | ライフハッカー[日本版]

子どもが読みたい本を選ぶとき、自分のお気に入りの本に手を伸ばすことが多いものです。これは、悪いことではありません。同じストーリーを何度も繰り返して読むことには、メリットがあるからです。でも、棚の奥にどんな本が隠れているか知らないだけ、という
— 読み進める www.lifehacker.jp/2018/09/get-your-kid-to-read-more-by-displaying-books-face-out.html

Continue Reading

KEYNOTE: この「子どもと家族の絆を守ろう」で伝えたいこと

KEYNOTE: このサイトで伝えたいこと

面会交流の次に、私たち親が、子どものためにできることは?

家族組織は国家組織の基礎である。政治屋は、家族の大切さを蔑ろにしないでください。ひとり親の支援(対処療法)をする前に、家族の絆を守るための支援をすることの方が重要です。
子どもは将来を背負っていく、国民の主役です。健全に子どもが育たなければ、国家は不健全になり、文化も経済も衰退してしまいます。
私たちは、自分の自由意志で物事を考えて、言動を決定していると思っているけれど、植え付けられた考えや考え方が多くあります。個々の人が幸せになるための新しい考えや考え方はあるし、進化させていくことができます。日本人の常識は、世界の非常識であることに敏感になろう。
片方の親が無断で勝手に子どもを連れて引っ越しをすることは、実子誘拐であり違法です。
子どもの利益や福祉を、大人が良いように解釈して、大人の利益のために利用していることが多くあります。子どもの権利が蔑ろにされ、軽く扱われすぎています。
直接的に子どもに不利益が被らない限り、子どもは親に会う権利があります。子どもを片親から引き剥がし、片親を否定し悪感情を植え付けることは、子どもへの虐待です。(片親疎外)
子どもの権利義務、同居親の権利義務、そして別居親の権利義務は、すべて公平に同格に扱われるべきです。
離婚後、片親が単独親権を強制される、現在の法律は、日本国憲法違反です。国民の男女平等や基本的人権の考えと相反しています。単独親権は違法です。
離婚後も、結婚をしていなくても、両方の親は、子どもに対して、共同で親権を持ち共同で責任を負うべきです。親子の共同親権制度を基本にしよう。
より多様な生活様式や習慣、そして文化を受け入れよう。生物学的な男女差もあいまいになり、男女の役割分担も既成概念にとらわれずに、ひとりひとりが幸せになる社会制度や仕組みを作ろう。
子どものための、「共同養育計画書」を作ろう。

 

【お勧めの本】


単独親権の日本において、子どもの育て方はおかしい部分がある。それを意識して変えていこう。

片親疎外とは。離婚後の子どもの子育ては気をつけよう。子どもにとって親は、いつでもずっと親だ。離れること、また切り離すことのないようにしよう。

無意識的にかもしれないが、言葉の達人、いや、話のうまい人はいる。だからといって、従う必要は無い。巧みな言葉の技術を見抜いてみよう。

悪い影響を与える相手のペースに巻き込まれずに、冷静でいよう。

人生は冒険の連続である。レールの上の人生より、起伏のある驚きに満ちた人生の方が豊かだと思わない?

他の人の人生まで背負う必要はない。協調性と自立心のバランスは。子どもの人生のガイドにはなろう。

※ご意見やコメントをお待ちしております!

http://fbu.jp/2018/8576/
EDIT

Continue Reading

既成の婚姻制度を疑ってみよう:「法律婚に一番近い事実婚」契約書や遺言書を作成 編集者・江口晋太朗さんの挑戦 – 弁護士ドットコム

【弁護士ドットコム】法律婚と事実婚。婚姻届の紙一枚で、そのあり方は大きく変わる。編集者・ジャーナリストとしてメディアで活躍、TOKYObeta Ltd.代表取締役でもある江口晋太朗さんは9月、結婚した。しかも、法律婚ではなく、あえて事実婚を…
— 読み進める www.bengo4.com/internet/n_8605/

Continue Reading

脳科学者による、「脳を100歳まで成長」させるために日常でできるライフハック | ライフハッカー[日本版]

脳の機能は子どもの頃がピークで、あとは下がっていくだけ…。昔からよく耳にした定説は、どうやら古い考え方のようです。IBMのWebメディアMugendai(無限大)に登場していたのは、脳科学者の加藤俊徳さん。発見した脳活動の計測法は世界700
— 読み進める www.lifehacker.jp/2018/09/mugendai-how-to-brow-brain-until-100-years-old.html

Continue Reading

離婚を防ぐために:実は最高のマネーハック! 「共働き」を実現する4つのライフハック術 | ライフハッカー[日本版]

お金をたくさん手に入れる最高の方法は、今までもこれからも「仕事をすること」です。資産運用で「億り人」になろうとする人は、毎日働いて固定的な収入を得られることの「コスパの良さ」を甘く見ています。平均賃金500万円の人生でも、22歳から65歳ま
— 読み進める www.lifehacker.jp/2018/09/money-hack-family.html

Continue Reading

別居親が子どもと会うこともさらに支援してほしい:神戸新聞NEXT | 総合 | 養育費不払い分、市が保証 全国初の支援制度 明石

兵庫県明石市は11月から、不払いとなった養育費を補填(ほてん)する全国初の制度を導入することが20日、分かった。ひとり親の保証料を“肩代わり”し、年間最
— 読み進める www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201809/sp/0011659251.shtml

Continue Reading

お気軽にご連絡ください:子どもと家族の絆を守るためにできること

子どもと家族の絆を守ろう
一緒に子どもを育てよう

子どもと一緒に暮らしたい方
子どもを共同養育/監護したい方
夫婦が別れた後、人生を立て直したい方
親に会いたい子どもの立場の方

子どもとの関わり方や 人生を立て直す方法を いろいろと語り合いませんか?

お気軽にご連絡ください
Name: 竹内こうじ
TEL: 080-4178-9900
Twitter: @fambons
LINE: kouzies

EDIT

 

今後のイベント

今後のイベントはありません

Access

  • 8,031 アクセス
Continue Reading

それは両親に同等の子どもへの権利義務があるから:ブラッド・ピット、子供たちと1日置きに過ごす – 日刊スポーツ芸能速報 – 朝日新聞デジタル&M

アンジェリーナ・ジョリー(43)との泥沼の親権争いが報じられているブラッド・ピット(54)だが、子供たちと水入らずの時間を過ごしているようだ。今年の夏、裁判所がジョリーに対し、父親であるピットをもっと — 読み進める www.asahi.com/sp/and_M/interest/entertainment/Cfettp01809206145.html
Continue Reading

子ども教育について:子どもへの投資を惜しまない 高学力国・シンガポールの教育法 – ライブドアニュース

「高学力国」とされるシンガポールについて、現地在住の筆者が解説している。国家予算の多くを教育に投じ、家庭でも教育投資を惜しまない文化があるそう。幼少期から、英語と中国語のバイリンガル教育は当たり前だとされている — 読み進める news.livedoor.com/lite/article_detail/15317634/
Continue Reading

フラリーマンを作り出す「日本のしつけ主義」 | 子どもを本当に幸せにする「親の力」 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

親は「子どもを自立させたい」とよく言います。では、具体的には何ができれば自立していると言えるのでしょうか。子どもにとって、あるいは人間にとって、本当に大切な自立とは何を意味するのでしょうか。みなさん… — 読み進める toyokeizai.net/articles/-/237554
Continue Reading

親に会う権利は保証されていないのか!?:ひとり親世帯の養育費受給率向上へ 県が法律相談後押し 無料クーポンを配布|【西日本新聞】

ひとり親世帯の生活を支援するため、県は弁護士に養育費に関する無料相談ができるクーポン券を配布する取り組みを始めた。…| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。 — 読み進める www.nishinippon.co.jp/sp/nnp/f_sougou/article/444789/
Continue Reading

View:ちっちゃなことは気にするな。大同小異。どの団体に所属していようと子どもの笑顔がみたい。見れたら幸せだという想いにはかわらないでしょう。手を合わせて協力して、日本を子どもの権利をが守られる、幸せな国にしていこう!

社会の問題を解決するのと、自分の問題を解決するのを混同してはならない。 大局的な観点で、行動してゆこう。  
Continue Reading

Log: 夏休みが終わって、始めて幼稚園に迎えに行った。6歳の息子は、パパーだ!と言って、笑顔で飛びついてきた。パパに会えた!とはしゃいでいた。ママから今日迎えに来るとは聞かされていなかったのだろう。屈託の無い笑顔を見せてくれてありがとう。息子とママに。子どもの笑顔を奪う原因は、淘汰されていかないといけない。

子どもの笑顔が最大化される社会を作っていこう。 大人のせいで子どもが阻害されてはいけない。
Continue Reading

パパだって子育てしたいのにできないのは男女の役割りが固定化された社会だから:1日の家事・育児時間はママがパパの6倍 “ワンオペ育児”の背景に長時間労働(AERA dot.) – goo ニュース

ママ一人で子どもの世話をする「ワンオペ育児」。日本ではなぜこんなことが起きるのでしょうか。働き方、日本の子育て文化などに理由があるようです。9月10日発売のアエラ… — 読み進める news.goo.ne.jp/article/dot/life/dot-2018091000038.html
Continue Reading

民事執行法改正 子に配慮した引き渡し制度を : 社説 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

親権を持つ親に、子供を確実に引き渡す。離婚後の子供を巡る争いを解決するため、実効性のあるルールの策定を急がなければならない。 民事執行法の改正要綱案が、法制審議会の部会でまとまった。離婚した夫婦間の子供の引き渡し手続き【社説】 — 読み進める www.yomiuri.co.jp/editorial/20180902-OYT1T50100.html
Continue Reading

子どもがYouTubeを観るなら「機能制限」(ペアレンタルコントロール)を活用しましょう:iPhone Tips – Engadget 日本版

自分や友人の子どもに「YouTubeで動画を観たい!」と言われたら、どうしますか? そのままiPhoneを使わせているのであれば、それは少し危険かも。YouTubeは、世界中のユニークな動画を視聴できる一方で、子どもにはあまり見せたくない動画が数多く存在します。 そんなときに有効なのが、iPhoneの「機能制限」(ペ… — 読み進める japanese.engadget.com/2018/08/29/youtube-iphone-tips/
Continue Reading

子どもへの虐待、昨年度13.3万件 27年連続で増加:朝日新聞デジタル

全国の児童相談所(児相)が2017年度に対応した18歳未満の子どもへの虐待件数は13万3778件で、前年度より1万1203件(9・1%)増えた。調査を始めた1990年度から27年連続で増え続けている… — 読み進める www.asahi.com/sp/articles/ASL8Y6DZ1L8YUTFK018.html
Continue Reading

離婚夫婦の子:親権者のみで引き渡し 同居親不在でも 法制審案 – 毎日新聞

法制審議会(法相の諮問機関)の民事執行法部会は31日、離婚した国内の夫婦間で子を引き渡す際のルールを同法に明記するとともに、国境を越えた子の連れ去り防止を定めた「ハーグ条約」の国内実施法を見直す改正要綱案をとりまとめた。いずれも子の心身の負担に配慮しつつ、離婚を巡る司法判断の実効性を確保するなどの — 読み進める mainichi.jp/articles/20180901/ddm/002/010/103000c
Continue Reading

子どもに自分で考える習慣を身につけてもらう方法 | ライフハッカー[日本版]

子育ては、適切なタイミングでロープを締めたり緩めたりできなければなりません。子どもの安全を確保して、間違った判断をさせないようにしたいものですが、「あ、本当にそれでいいの?」とささやきながら一生子どもに付き添うわけにはいきません。子どもがさ — 読み進める www.lifehacker.jp/2018/08/ask-your-kid-how-did-you-think-about-it.html
Continue Reading

End of content

No more pages to load

Close Menu
Close Panel