KEYNOTE: この「子どもと家族の絆を守ろう」で伝えたいこと

KEYNOTE: このサイトで伝えたいこと

面会交流の次に、私たち親が、子どものためにできることは?

家族組織は国家組織の基礎である。政治屋は、家族の大切さを蔑ろにしないでください。ひとり親の支援(対処療法)をする前に、家族の絆を守るための支援をすることの方が重要です。
子どもは将来を背負っていく、国民の主役です。健全に子どもが育たなければ、国家は不健全になり、文化も経済も衰退してしまいます。
私たちは、自分の自由意志で物事を考えて、言動を決定していると思っているけれど、植え付けられた考えや考え方が多くあります。個々の人が幸せになるための新しい考えや考え方はあるし、進化させていくことができます。日本人の常識は、世界の非常識であることに敏感になろう。
片方の親が無断で勝手に子どもを連れて引っ越しをすることは、実子誘拐であり違法です。
子どもの利益や福祉を、大人が良いように解釈して、大人の利益のために利用していることが多くあります。子どもの権利が蔑ろにされ、軽く扱われすぎています。
直接的に子どもに不利益が被らない限り、子どもは親に会う権利があります。子どもを片親から引き剥がし、片親を否定し悪感情を植え付けることは、子どもへの虐待です。(片親疎外)
子どもの権利義務、同居親の権利義務、そして別居親の権利義務は、すべて公平に同格に扱われるべきです。
離婚後、片親が単独親権を強制される、現在の法律は、日本国憲法違反です。国民の男女平等や基本的人権の考えと相反しています。単独親権は違法です。
離婚後も、結婚をしていなくても、両方の親は、子どもに対して、共同で親権を持ち共同で責任を負うべきです。親子の共同親権制度を基本にしよう。
より多様な生活様式や習慣、そして文化を受け入れよう。生物学的な男女差もあいまいになり、男女の役割分担も既成概念にとらわれずに、ひとりひとりが幸せになる社会制度や仕組みを作ろう。
子どものための、「共同養育計画書」を作ろう。

 

【お勧めの本】


単独親権の日本において、子どもの育て方はおかしい部分がある。それを意識して変えていこう。

片親疎外とは。離婚後の子どもの子育ては気をつけよう。子どもにとって親は、いつでもずっと親だ。離れること、また切り離すことのないようにしよう。

無意識的にかもしれないが、言葉の達人、いや、話のうまい人はいる。だからといって、従う必要は無い。巧みな言葉の技術を見抜いてみよう。

悪い影響を与える相手のペースに巻き込まれずに、冷静でいよう。

人生は冒険の連続である。レールの上の人生より、起伏のある驚きに満ちた人生の方が豊かだと思わない?

他の人の人生まで背負う必要はない。協調性と自立心のバランスは。子どもの人生のガイドにはなろう。

※ご意見やコメントをお待ちしております!

http://fbu.jp/2018/8576/
EDIT

Continue Reading

絶対お勧め本:世界標準の子育て

www.amazon.co.jp/dp/4478102791/ref=cm_sw_r_oth_api_i_wm9eBbS4ZTQM3

本書は、世界各国で行われている子育ての理論と実践を体系化し、1冊にまとめた子育ての本です。
一般的に、「子育てには正解がない」と言いますが、「明確な正解がある! 」というのが本書の主張です。著者は、日米で20年以上教育現場に携わり、これまで4000名以上のアジア人の育成をしてきました。
まず本書の前半では、アメリカ、イギリス、北欧、シンガポール、インド、中国、韓国などの国々で行われている教育の実情、それをふまえて、日本人の子育の間違いを、指摘していきます。
そして後半では、実践編として、子どもの子育てノウハウを体系化しています。
「子どもを社交的にさせる方法」
「子どもの頭をよくする絵本の読み聞かせ方」
「しつけを教える時の正しいタイミング」
「子どもにさせるべき習い事」
「勉強でつまずかないための方法」
「男の子と女の子の育て方の違い」
「やる気のない子どもへの接し方」
「思春期の子どもとの向き合い方」
などなど、子どものステージごとに親がすべきことを体系化しています。また、多くの親がぶつかることになる悩みにも応え、その解決策も丁寧に解説しました。
本書は、決して子どもをエリートにするための本ではありません。
地頭の良さ、あきらめない心、社交性といった要素を育て、どんな環境の変化にも負けない子どもを育てるための方法をまとめた1冊です。
この内容を「子育ての基本方針」としていただくことで、子どもの可能性や潜在能力は、一気に開花していきます。
出版社からのコメント
日本の教育方針は、明治時代から変わっていない、と著者の船津氏は言います。
家庭で「しつけ」を教え、学校で「読み書きそろばん」を教える。ですが、これからの時代、それでは不十分です。
1) 困難に負けない「自信」
2) 人生を自分で決めていくための「考える力」
3) 人に愛される「コミュニケーション力」
この3つが、世界標準の子育ての条件です。
しかし、日本・韓国・中国などのアジア文化では、この3つがバランスよく育ちにくい環境にあります。では、何を、どう変えていくべきなのでしょうか?
本書は、全部で7章構成。そのうち、1~3章が知識編。世界の教育のあり方と、日本人が大きく間違えている子育て習慣を考察します。
そして、4~7章が実践編。0歳~18歳まで、それぞれのステージで親がしてあげるべきことを、具体的に紹介しています。
巻末のQ&Aも圧巻のボリューム! 育児前、育児中、育児後、あらゆる世代のモニター読者から「素晴らしい! 」と絶賛のコメントをいただきました。
内容(「BOOK」データベースより)
ハーバードでも通用する子どもの3つの資質。北欧の子育てが世界一うまくいっている理由。アジア圏の子育てに共通する落とし穴…環境や時代の変化に負けない、たくましい子どもを育てる方法。
著者について
1966年福岡県生まれ。
明治大学経営学部卒業後、金融会社勤務を経て幼児教育の権威である七田眞氏に師事、英語教材の制作などを行う。その後独立し、米ハワイ州に移住。英語力、コミュニケーション力、論理思考力などを伸ばす独自の教育プログラムを考案し、2001年ホノルルにTLC for Kidsを設立。校長として教鞭をとりながら、2017年までに延べ4000名以上の子どもの教育に携わる。卒業生の多くはハーバード大学、イェール大学、ブラウン大学、ペンシルバニア大学ウォートン・スクールを始めとした世界各国の最難関大学へ進学し、グローバルに活躍。その実績が評判を呼び、現在ではハワイに住む経営者、スポーツ選手、アーティスト、芸能人などの子どもが順番待ちとなる人気を博している。2015年にカリフォルニア州トーランス校、2017年に中国上海校を設立。また、独自開発した教材は全米25万名の教師が加盟するアメリカ最大の教育リソースサイト「OpenEd」による「最も効果がある教材部門」で第2位を獲得した。
プライベートでは米ドラマ「LOST」の出演俳優であるダニエル・キム氏、イアン・キュージック氏らとバンドを結成するなど、音楽や演劇を通して各国の一流人と交流を重ねている。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
船津/徹
1966年福岡県生まれ。明治大学経営学部卒業後、金融会社勤務を経て幼児教育の権威である七田眞氏に師事、英語教材の制作などを行う。その後独立し、米ハワイ州に移住。2001年ホノルルにTLC for Kidsを設立。2015年カリフォルニア州トーランス校、2017年に中国上海校を設立。独自開発した教材はアメリカ最大の教育リソースサイト「OpenEd」による「最も効果がある教材部門」で第2位を獲得した。プライベートではダニエル・キム氏、イアン・キュージック氏らとバンドを結成するなど、音楽や演劇を通して各国の一流人と交流を重ねている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

Continue Reading

Must Watch: 映画「メイジーの瞳」子どもから見た離婚する両親

この映画はまだ観れていません。観たら多分泣いてしまうと思います。
まだそこまでのエナジーのある休日がやってきていないからですが、観たいと思っています。
子どもの目から見たら、どの問題を抱えた親でもあっても、親であることは変わりない。
親から愛されたいと思っています。
そんな子どもの無邪気な心を踏みにじる、親と社会の制度/運用は許せないです。
誰もが理想的な家庭環境の中で育てられるとは限らないけれど、自分の周りにいる子どもにはできるだけ幸せに暖かい家庭を感じてほしい。
私の子どもはもちろん。私の家の近所。街。首都圏。日本国。
より多くの子どもが笑顔で、それを見る大人が幸せを感じられる社会になってほしい。
今日、別居親の知人の話を聞きながら、改めて、そう思いました。

maisie
参考サイト

 

Continue Reading

Library

僕らの武器を持とう:本の紹介
もちろんこのサイトに掲載している法律は大切です。
最近、問題を提起する本が増えてきました。お勧めの本をご紹介します。
 







Continue Reading

End of content

No more pages to load

Close Menu
Close Panel