DV被害者、地元で守る 加害者対応含む支援、熊本県が計画策定 – 毎日新聞

配偶者などからの暴力(ドメスティックバイオレンス=DV)を受けた被害者が、加害者のいる自宅や同じ生活圏に戻っても再び被害に遭わずに生活できるよう、全国で初めて、加害者への対応を含む見守り支援のガイドライン作りに熊本県が取り組んでいる。
— 読み進める mainichi.jp/articles/20181223/k00/00m/040/125000c.amp

Continue Reading

子供達のアトピー性皮膚炎の状況をさぐる(2018年12月発表版)(不破雷蔵) – 個人 – Yahoo!ニュース

大人と比べて子供達が発症しやすい疾患の一つにアトピー性皮膚炎がある。発症した場合にはかゆみを伴うため、当事者に大きな肉体的・精神的な圧迫となる。この病症の実情を確認する。
— 読み進める news.yahoo.co.jp/byline/fuwaraizo/20190116-00110808/

Continue Reading

子どもにヘルシーなおやつを食べさせたいとき、すぐできるアイデア | ライフハッカー[日本版]

学校から帰るなり、おやつをねだる息子。私が何かしら(たいていは前日もしくは前々日に選んだもの)を提案するも、息子は即座に拒否。私がすべての案を出し尽くしたあとにそれに戻ることはあるものの、最初の提案でYesということはまずありません。全選択
— 読み進める www.lifehacker.jp/2019/01/182997encourage-healthy-habits-with-a-snack-drawer.html

Continue Reading

Daily Log(2019.01.15.)

Continue Reading

「負けず嫌いでオタクっぽい?」男の子の育て方 パパの心得| たまひよ

男の子は、元気で明るく活発。そんなイメージを持つ人は少なくありません。しかし、イメージ通りのこともあれば、イメージと異なることもあります。同性ながら、どうやって育児をすればいいのかわからないというパパも多いでしょう。これから男の子が生まれてくる予定のプレパパ。「たまひよ」では、妊娠から出産、育児までの情報を解説し、安心して妊娠や出産、育児ができるようにママやパパをサポートします。
— 読み進める st.benesse.ne.jp/ikuji/content/

Continue Reading

子どもへの性教育、何歳から? 子どもに読ませたい性教育の絵本| たまひよ

1947年(昭和22年)1月15日、日本初のヌードショーが開演されました。東京・新宿にあった帝都座で行われたショーは、裸体画に見立てた“額縁ショー”で、ステージ上に大きな額縁をつくり、その額縁の中で裸体の女性が現れるものだったとか。劇場は常に満員御礼で大盛況だったそうです!「たまひよ」では、妊娠から出産、育児までの情報を解説し、安心して妊娠や出産、育児ができるようにママやパパをサポートします。
— 読み進める st.benesse.ne.jp/ikuji/content/

Continue Reading

頑張ってほしい:父「児相に落ち度」県提訴へ 16年の秋田市小4女児殺害|秋田魁新報電子版

2016年に秋田市のアパートで小学4年の女児=当時(9)=が母に殺された事件を巡り、母子を担当した県中央児童相談所(秋田市)の対応に落ち度があったとして、児相を所管する県に対し、県南部に住む女児の父…
— 読み進める www.sakigake.jp/news/article.jsp

Continue Reading

子どもの意思:子どもが自分の意見を言わなくなるのは、親の接し方に原因が【ジョビィキッズ「わが子のやる気の育て方」・6】 | Hanako ママ web

親はもしかしたら、子供を自分の所有物にするところがあって、真っ直ぐに向き合うことが少ないのかもしれませんね。しっかりわが子と話をする親も少ない気がします。親は子供のことを一番知っているのは自分だと思っているかもしれませんが、それは赤ちゃんだった時のことだけ。
— 読み進める hanakomama.jp/topics/65821/

Continue Reading

晩婚化・非婚化と少子化について:『少子化論―なぜまだ結婚、出産しやすい国にならないのか』 – 脱社畜ブログ

こちらのニュースを見て、そういえば少し前に、少子化について下記の本を読んだことを思い出した。 少子化論―なぜまだ結婚、出産しやすい国にならないのか 作者: 松田茂樹 出版社/メーカー: 勁草書房 発売日: 2013/04/01 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (21件) を見る 少子化について書かれた本は少なくないが、その中でも本書はファクトベース、統計に基づいた議論をすることに終始しており、そういう点で少子化について考える上で基本書にしてよい本である。 少子化の原因について、よく言われるのが「女性の社会進出とそれに伴う仕事と子育ての両立困難」というもので、これはたしかにひとつのファ…
— 読み進める dennou-kurage.hatenablog.com/entry/2019/01/14/122053

Continue Reading

小中学生の長期欠席者数の実情をさぐる(2018年12月発表版)(不破雷蔵) – 個人 – Yahoo!ニュース

多くの子供にとって学校は楽しい場所だが、病気やケガ、家庭内の事情で休まねばならない場合も生じてくる。多種多様な理由で長期にわたり学校(小中学校)を休んでしまう子供の実情を確認する。
— 読み進める news.yahoo.co.jp/byline/fuwaraizo/20190114-00110436/

Continue Reading

子どもにテレビを見せるべきではない? あるお母さんの相談に賛否の声 | CHANTO

幼児期の子どもはなんでも吸収して親を驚かせてくれます。しかし時には、あまり良くないことも覚えてしまう場合が。実は最近、「子どもにテレビを見せたくない」というお母さんの相談が物議を醸しているようです。
— 読み進める chanto.jp.net/childcare/education/67945/

Continue Reading

絶え間ない口論や喧嘩を、建設的な議論に変えるための5つの方法 | ライフハッカー[日本版]

恋人やパートナー、配偶者と喧嘩していると、「二度と喧嘩をしない」という期待はできなくなります。今回は、喧嘩を絶え間ない口論ではなく、建設的な議論にする方法をお教えします。まず最初に、喧嘩をしている時、特に大事な人が相手の場合は、頭は冷静な判
— 読み進める www.lifehacker.jp/2019/01/how-to-argue-better-with-your-partner.html

Continue Reading

「パパはどうして仕事するの?」と子供に聞かれたら? “働く意義”を伝える3つの方法 | FQ JAPAN 男の育児online

「パパはどうして仕事ばかりなの?」「たまには遊んでよ!」子供からこんな風に言われた経験はないだろうか。もちろん家族は大事だが、妻と子供を守るためなら、仕事も同じくらい大切。子供に働くことの意義を理解してもらうために、父親ができることとは?
— 読み進める fqmagazine.jp/81878/education-field/

Continue Reading

End of content

No more pages to load

Close Menu
Close Panel