子を連れ去られた親たちへ これ以上最悪なことは起きない:このままじゃ終われない! 人生どん底から這い上がる為の6つの気付き

By | 8月 10, 2018

もし今のあなたが、人生どん底な状態だとしたら・・・少しだけ気持ちを落ち着けて、これからお話する「6つの気付き」に耳を傾けてください。そうすればきっと何らかの解決の糸口が見つかるはず、今日は這い上がるための方法についてお伝えします。
— 読み進める thechange.jp/bottom-3514.html

何かあったら相談できる親子関係: オランダの子育てから学ぶ、子どもの幸福度を高める方法 | ライフハッカー[日本版]

By | 8月 7, 2018

親になるといろいろ心配ごとが増えますが、やはり一番気になるのは子どもの幸せではないでしょうか。しかし、どうしたら子どもの幸福度をあげられるのでしょうか?ここでは幸福度が高いと言われているオランダの子どもを例に、その理由を紐解いていきます。幸
— 読み進める www.lifehacker.jp/2018/08/the-reason-why-kids-in-holland-is-happy.html

Log: 子どものテレビをみる時間:元妻から電話があって折り返すと、朝から息子がパパの家に遊ぶに行きたいと大泣きしたという・・・

By | 8月 5, 2018

その理由が、自分がテレビをたくさん見せるから、見に行きたいのだそうだ。

たしかに、家に来るときはお気に入りのアニメやYoutubeを見たいと言い張っているので、外で遊べない時や、食事を作っているときは、見せる。見せすぎかなと思っていたけれど、厳しくすることが難しいのが、別居親の弱いところ。

一日24時間に見れる時間を決めようと言ったけれど、元妻は、大きな声で怒りながら、またテレビをたくさん見せるなら遊びに行かせないよと言って、電話を切られた。

たぶん息子がパパの家に行きたいと言い張ること自体が、元妻は嫌なのだろう。

子どものしつけは難しい。いつも一緒に暮らしていない別居親にとってはなおさらだ。

子どものしつけは、パパとママが協力していくのが1番いいのだけれど、離婚後の共同監護はさらに難しい。

平行養育という考え方もあるけれど、やはりどこかで子どもへのルールは統一する必要はあるのだと思う。

親教育プログラムがあって、離婚中や離婚後も、参加が義務付けされたらいいと思う。

相談内容の真偽は無関係?不当な「DV加害者認定」が父親に招いた悲劇 – ライブドアニュース

By | 8月 3, 2018

住民基本台帳事務におけるDV等支援措置を取り上げている。被害者の申し立ての真偽などについてはほとんど考慮されないという。不当にDV加害者と認定されたある父親は、子どもに会えなくなったそう
— 読み進める news.livedoor.com/lite/article_detail/15001640/

日本人とは結婚しない様に。もし離婚になった場合、単独親権制度の日本は、子供を先に連れ去った方に親権を与えます。子ども連れ去りを弁護士がビジネスにしています。 https://youtu.be/6OzdwSGodOc −I will warn you. Do not marry with Japanese people. If you get divorced, Japan with a sole custody system gives custody to those who took children first. A lawyer is making a business away from children. https://youtu.be/6OzdwSGodOcm

By | 7月 28, 2018

警告します。日本人とは結婚しない様に。もし離婚になった場合、単独親権制度の日本は、子供を先に連れ去った方に親権を与えます。子ども連れ去りを弁護士がビジネスにしています。

I will warn you. Do not marry with Japanese people. If you get divorced, Japan with a sole custody system gives custody to those who took children first. A lawyer is making a business away from children.

相談内容の真偽は無関係?不当な「DV加害者認定」が父親に招いた悲劇 – ライブドアニュース

By | 7月 27, 2018

住民基本台帳事務におけるDV等支援措置を取り上げている。被害者の申し立ての真偽などについてはほとんど考慮されないという。不当にDV加害者と認定されたある父親は、子どもに会えなくなったそう
— 読み進める news.livedoor.com/lite/article_detail/15001640/

Daily Log(2018.07.21.)

By | 7月 21, 2018
  • LOG:私の最近の共同親権運動-子どもの監護をするということと、離婚後の自分の新しい生活と人生を立て直すこと-離婚後子どもと別に暮らしていても、子どもの成長に関わっていくこと。ひとり親家庭を生み出す単独親権制度の弊害 https://t.co/CNxobnOQin 17:53:23
  • LOG:毎日暑いですね。皆様お元気ですか。今日は子どもとの面会交流日です。 https://t.co/KU31iRG9qH 17:47:29

子連れ旅行に欠かせない持ち物リスト荷造りの極意 | ライフハッカー[日本版]

By | 7月 21, 2018

先日、夫の兄弟の家族たちと一緒に、ヨーロッパ旅行に行ってきました。5歳の子どもを連れての海外旅行は初めて。時差ボケでぐったりすることも2回ほどありましたが、総じて良い経験ができました。子連れ旅行に欠かせないアイテムと準備しておくもの子連れ海
— 読み進める www.lifehacker.jp/2018/07/171099what-to-pack-when-youre-traveling-with-little-kids.html

LOG:私の最近の共同親権運動-子どもの監護をするということと、離婚後の自分の新しい生活と人生を立て直すこと-離婚後子どもと別に暮らしていても、子どもの成長に関わっていくこと。ひとり親家庭を生み出す単独親権制度の弊害

By | 7月 21, 2018

これから、自分の人生をどうやって立て直していこうか、考える。

離婚して1年以上経って、子どもとは週2回ぐらい会っている。

でも生活を共にしているわけではない。夕飯も寝る前も起きた時も一緒にいてあげられない。幼稚園にも送っていってあげられない。

週末の休みに時間を一緒にすごしているのだ。生活のほんの少しの一部分を共有している感じだろうか。

休みの日のほとんどの日中は、息子といる。(会えない別居親からみたらうらやましいかぎりなのかもしれないけれど。)

共同親権運動の活動に参加ができてない。現在の日本で一般的なサラリーマンが子どもの監護に関わっていくことは、大変なことだ。もちろん、仕事をしながら子どもを育てるシングルマザーの大変さを想像する。

子どもの監護養育は、愛情をもった周りの家族メンバーでおこなうことが、昔から行われてきたことで、普通のことなのだろう。

愛情を与えてくれる、大人が周りに居て、子どもの成長を見守ってあげることが良い。より多くの味方の大人が周りに居てあげることが、バランスの良い心を持った子どもに育つのだと思う。

だから、ひとり親家庭への支援も必要だけれど、ひとり親家庭の数を減らすことが必要だと思う。

1人親家庭を量産している、単独親権制度を改めるべきなのだ。

突然子どもに会えなくなる「虚偽DV」の悲劇 | 災害・事件・裁判 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

By | 7月 18, 2018

仕事から帰ってくると、妻と子がいない。突然のことに呆然としているうちに、離婚調停を求める書類が届く。妻と子の消息をたどるために役所に行くと、住所がブロックされ消息がわからなくなっていた――。結婚した…
— 読み進める toyokeizai.net/articles/amp/228011

Top News

By | 8月 29, 2018

[最近の動向 / Recent Movements]

最近動きが活発で嬉しいですね!この勢いで、共同親権国になり、子の連れ去りがなくなりますように。

☆共同親権へ国が動くか?!ただの見せかけか、ガス抜きか?

☆ハーグ条約を守りなさいと、子の返還命令の判決が出ました。

 

「離婚で子供に会えない」を減らすための、ある弁護士の試み(西牟田 靖) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

By | 7月 18, 2018

年間21万組が離婚をする昨今において、子供の親権を巡って夫・妻双方の意見が食い違い、お互いの納得・合意が得られぬまま、裁判所の判断によって親権が決められてしまうケースが多発している。
— 読み進める gendai.ismedia.jp/articles/-/54268

共同親権の導入検討=離婚後夫婦の子めぐり―法務省(時事通信) – Yahoo!ニュース

By | 7月 18, 2018

夫婦が離婚した場合に父母いずれかが子どもの親権を得る「単独親権」制度を見直し、
— 読み進める headlines.yahoo.co.jp/hl

共同親権の導入検討=離婚後夫婦の子めぐり―法務省

7/17(火) 12:13

夫婦が離婚した場合に父母いずれかが子どもの親権を得る「単独親権」制度を見直し、双方に親権を認める「共同親権」導入を法務省が検討していることが17日、分かった。

民法の親子法制見直しの一環で、一定の結論が出れば法制審議会(法相の諮問機関)に諮問する方針だ。

上川陽子法相は17日の記者会見で「親子法制の諸課題について、離婚後の単独親権制度の見直しも含めて広く検討したい」と表明した。

民法819条は、父母が離婚する場合、どちらかを親権者と定めなければならないと規定している。しかし、親権を失った親は子どもと交流する機会が制限され、「子の利益」にかなわないケースがあるとの指摘が出ている。欧米では共同親権を採用する国が多い。

一方、子どもが離婚前に虐待を受けていたり、夫婦が子育て方針をめぐって対立したりするケースも想定されるため、共同親権を認めれば「子の利益」を害することになるとの慎重論もある。

厚生労働省によると、2016年の日本人の離婚件数は21万6798件で、このうち子どもがいる夫婦は約58%に上る。法務省は離婚後の両親の関係が良好である場合を条件とすることなども含め、共同親権の検討を急ぐ方針だ。

News:離婚後も「共同親権」検討、面会促して健全育成(読売新聞) – Yahoo!ニュース

By | 7月 15, 2018

離婚後も「共同親権」検討、面会促して健全育成
7/15(日) 6:13配信
225

(写真:読売新聞)
政府が、離婚後に父母のいずれか一方が親権を持つ「単独親権」制度の見直しを検討していることがわかった。離婚後も双方に親権が残る「共同親権」を選べる制度の導入が浮上している。父母とも子育てに責任を持ち、親子の面会交流を促すことで、子どもの健全な育成を目指す。

法務省は親権制度を見直す民法改正について、2019年にも法制審議会(法相の諮問機関)に諮問する見通しだ。

1896年(明治29年)制定の民法は、家制度を色濃く反映している。親権が子どもに対する支配権のように誤解され、児童虐待につながっているとの指摘もある。親権は2012年施行の改正民法で「子の利益のため」と明記されており、政府はこの観点から更なる法改正に着手する方向だ。
— 読み進める headlines.yahoo.co.jp/hl

18歳成人の学費は「誰が出す」のが妥当なのか | 家計・貯金 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

By | 7月 14, 2018

6月13日、成人年齢を20歳から18歳に引き下げる改正民法が成立しました。2002年4月2日から2004年4月1日生まれまでの子どもは2022年4月1日付で全員が成人に。2004年4月2日生まれ以降の子どもは18歳の誕生日を迎えた…
— 読み進める toyokeizai.net/articles/-/227720